ホーム ニュース 政治 米上院 ブレットカバノー氏...

米上院 ブレットカバノー氏を最高裁判事に承認

米議会上院は6日、ブレット・カバノー氏の最高裁判事の人事案を賛成多数で承認した。
投票結果は賛成50-反対48の僅差となり、最高裁判事の承認投票としては、1881年以来最も少ない差になるという。

トランプ大統領の指名後は、カバノー氏の承認は確実視されていたが、上院司法委員会での投票直前に、クリスティン・ブレイシー・フォード(Christine Blasey Ford)博士ら複数の女性が、学生時代にカバノー氏よりセクハラを受けたと告白
その後、フォード博士とカバノー氏への公聴会や、FBIによる調査が行われ、#MeTooムーブメントによる抗議が高まるなど、承認プロセスは難航していた。

民主党ではジョー・マンチン議員(民主党、ウェストバージニア州)が唯一賛成にまわり、共和党ではリーサ・マーカウスキー議員(共和 アラスカ州)が唯一の反対表を投じた。スイングボートとして注目された、ジェフ・フレーク議員とスーザン・コリンズ議員が、昨日時点で賛成を表明していたことで、カバノー氏承認は確実視されていた。

- Advertisement -

承認の一報を受け、トランプ大統領はツイッターで祝福した。

中道派のアンソニー・ケネディー判事が今年引退。ケネディー判事に変わり、保守派のカバノー氏が9人目の最高裁判事に加わることで、最高裁判事はリベラル派4名、保守派5名で構成されることになる。今後の最高裁判決は保守に傾くと見られる。

カバノー氏の任命は、現在米国で問題となっている銃規制、妊娠中絶を支持する判決「ロー対ウェイド事件」(Roe v. Wade)、人種や性別間の平等を推進するアファーマティブ・アクション・プログラム、トランプ大統領へのロシア疑惑捜査などについて、最高裁の決定を左右するとみられる。

関連情報

カバノー氏のFBI調査が完了 承認の行方は?各議員の反応

最高裁判事候補カバノー氏の性的暴行疑惑 FBI調査実施へ

カバノー氏性的暴行疑惑 27日公聴会証言 ハイライト

カバノー氏性的暴行疑惑 告発女性が議会証言に同意 – これまでの経緯

ブレット・カバノー氏とは?最高裁判事承認指名公聴会がスタート

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES