ホーム ニュース NY州 3分の1がワクチン...

NY州 3分の1がワクチン接種。明日から全成人に拡大

ニューヨーク州のクオモ知事は4日、これまでに1000万回以上のワクチンが投与され、3分の1(33%)が、少なくとも1回のワクチンを接種したと発表した。接種が完了したのは約20%となった。6日からは、ワクチンの接種対象を全成人(16歳以上)まで拡大する。

4月3日の入院患者数は4,373人で、7日間平均の検査陽性率は3.56%だった。感染者数は増加傾向にある。3週間前の入院患者数は4,486人で、検査陽性率は3.15%だった。

ニューヨークタイムズによると、感染者数の増加に関して、専門家は変異株の拡大や、規制の緩和を要因に挙げている。

- Advertisement -

ニューヨーク州では4月より野球場アート・イベント会場で、人数を制限した上で、観客の動員を再開。国内旅行者に対する隔離義務を撤廃した。

また迅速で安全な経済再開の促進を目的、新型コロナウイルスのワクチン接種やPCR検査の陰性結果を証明するためのワクチンパスポート「エクセルシオールパス」(Excelsior Pass)の運用をスタートした。

米疾病管理センター(CDC)は、これまでに全国民の32%が少なくとも1回目のワクチンを摂取したと発表した。
バイデン政権は、5月1日までに全ての成人がワクチンの接種が可能になるとしている。

一方、感染者数は3週連続増加している。ロイターによると、4日までの1週間の感染者数は、前週比5%増の45万人超だった。入院者数も4%増と、12週間ぶりに増加に転じた。年層を中心に感染者が拡大しているという。

TOP STORIES