NY州新型コロナ感染者173人。クラスター発生のニューロシェル一部封鎖へ

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ(Andrew Cuomo)州知事は10日、集団感染が確認されたニューヨーク市郊外のウエストチェスター郡ニューロシェル(New Rochelle)の一部区域を12日から25日までの2週間、閉鎖する計画を発表した。

10日正午時点でのニューヨーク州の感染者は173人となり、前日から31人増えた。内訳は、ニューヨーク市36人(+17)、ウエストチェスター郡108人(+10)、ナッソー郡19人(+2)、ロックランド郡6人(+4)、サラトガ郡2人、サフォーク郡1人、アルスター郡1人。

今月3日、ミッドタウンに通勤する50歳の弁護士の感染が確認されて以来、男性の自宅があるニューロシェルでは感染者が増え続けている。

「封じ込め区域」として閉鎖計画が発表されたのは、感染の中心地とみられるシナゴーグの半径1マイル(約1.6キロメートル)以内の学校や集会所など、多人数が集まる施設。食料品店やデリなどは営業を続ける。ニューヨークタイムズによると、自宅待機を要請したり、道路封鎖などの計画はないという。

同地域には、公共スペースや施設を清掃し、各家庭に食料品を届けるため州兵が派遣される。
また、先日連邦政府より承認された民間の研究所、ノースウェル・ヘルス(Northwell Health)と協力し、サテライト試験施設を開設すると発表した。

地域閉鎖は、ハワード・ザッカー(Howard Zucker)州保健局長の助言に基づいて、決定された。ザッカー博士は「公衆衛生の観点において、集会を最小化することは最も重要だ。」と述べた。感染の拡大を抑え、新たな感染者を減らすには、人々が長時間接触する機会を減らすことが必要だと語った。

クオモ州知事は、政治的な立場で行うのではなく、科学に基づき、特別な公衆衛生戦略として実施すると強調した。
また、173人の感染者のうち入院患者はわずか14人(8%)だとし、(肺病や心臓病、糖尿病などの)既存の症状のある人や、高齢者は重症化しやすいが、多くの人はインフルエンザに似た症状で、自宅療養で回復すると述べた。


  • ニューヨーク州 コロナウイルス ホットライン(1-888-364-3065)
  • ニューヨーク州 新型コロナウイルス 関連情報
  • ニューヨーク市 新型コロナウイルス 問い合わせ先(311)
    保健当局は、咳や熱、息切れなどの症状がある場合は、直接医療機関に出向かず、事前に電話で症状や渡航歴について相談するよう呼びかけている。
  • 在ニューヨーク日本国総領事館 新型コロナウイルス関連情報 (電話:212-371-8222)