ホーム ニュース ニューヨーク 超正統派ユダヤ教徒コミュニ...

超正統派ユダヤ教徒コミュニティで激しい抗議デモ、州のロックダウンに反発

6日夜、超正統派ユダヤ教徒のコミュニティのあるブルックリンのボロー・バークでは、クオモ州知事の新たな閉鎖措置に対する大規模な抗議デモが行われた。

ニューヨーク州のクオモ知事は同日、新型コロナウイルスのクラスターが発生している地域を指定し、経済閉鎖や集会の制限など、新たな規制を実施する計画を発表した。ボローパークは最も厳しい規制対象区域に含まれ、礼拝所の定員を25%または10人以下に制限するほか、学校と非必須事業を除く事業を閉鎖するなどの措置が示された。

SNSにシェアされた動画では、数百人が通りに集まり、マスクや物を燃やすなどの激しい抗議の様子が撮影されている。

- Advertisement -

他の動画にはバスの走行を妨害し、「ユダヤ人の命は大切」とチャントする場面も映されている。

警察官を前に、コミュニティ活動家のHeshy Tischler氏は周囲に「君らはわたしの戦士だ。われわれは戦争をしている」と叫んだ。

ジャーナリストのKayla Mamelak氏は、撮影をしていた男性が暴行を受けたと報告。動画では「密告者だ」と叫ぶ声が聞こえる。

TOP STORIES

Recommended stories