ホームニュース65歳のアジア人女性に殴る...

65歳のアジア人女性に殴る蹴るの暴行、NY市

ニューヨーク市マンハッタンで29日、65歳のアジア人女性が、路上で暴行を受ける事件があった。

ニューヨーク市警察(NYPD)によると事件は午前11時40分ごろ、ミッドタウンウエスト(360 West 43rd St)で起きた。男は、女性に殴る蹴るの暴行を加え、差別的な言葉を発したという。

WABCの記者は、建物内から撮影された監視カメラの映像をSNSに投稿した。動画では、男が地面に倒れた女性の頭部を執拗に蹴る様子が写っている。事件を目撃していた配達人は止めようとせず、建物内にいたスーツ姿の男は倒れた女性を見てドアを閉めた。男は、Fワードを使い「お前はここの人じゃない」と罵ったという。

NYPDによると、女性は病院に搬送され、手当てを受けた。容態は安定しているという。

NYPDのヘイトクライム部隊が捜査を開始しており、容疑者に関する情報の提供を呼びかけている。

事件を目撃しながら、女性を救助しようとしなかったビル建物内の男性にも、多くの批判が寄せられている。
高級アパートメントのブロドスキーオーガニゼーション(The Brodsky Organization)は、「あらゆる差別や外国人嫌悪、アジア系アメリカ人のコミュニティに対する暴力を非難する」と声明を発表
組合が調査を行う間、停職処分としたことを命じたと述べたほか、ロビーにいた配送業者についても特定している最中だと明らかにした。

デブラシオ市長も30日の会見で、攻撃は「最悪であり、とんでもない」と述べ、許容できないと非難した。また「どこの誰であれ、ニューヨーカーを助けなければならない」と目撃者の対応に不満を表した。

同日、アジア人らしき男性が、地下鉄の車両内で繰り返し殴られ、首を絞められる動画がSNSに投稿され話題となった。NYPDが捜査を行っているが、事件が起きた日時や被害者などについては不明。

NYPDによると、先週末までにアジア人に対するヘイトクライムは少なくとも27件報告されており、12件の暴行事件が含まれる。

パンデミック後、アジア人に対する憎悪事件が増加したことから、NYPDは昨年8月、アジアンヘイトクライム特別部隊を新設した。

ダーモット・シェイ警察委員長は26日、アジア系の私服警官を増員すると発表。またクイーンズのフラッシングやブルックリンのサンセットパークなど、アジア系コミュニティでフォーラムを開催したり、犯罪に声を上げやすくするよう中国語や韓国語で書かれたチラシを掲示したりするなどの計画を明らかにしている。

あなたにおすすめ

TOP STORIES