NYPD crime
shutterstock

オレゴン州ポートランドで2日、カリフォルニア州から訪れていた男性と5歳の娘が暴行される事件があった。ポートランド警察は、容疑者の男は「日本人と認識」し、犯行に及んだとしている。

地元メディアKATUによると、男性(36)は娘と妻とともに、ウィラメット川沿のトレイルでサイクリングをしていた。

男は近づいてきて、親子が日系人だという認識を口にした後、父親の頭を殴り始め、さらに娘のヘルメットを何度も殴った。周囲がすぐに止めに入ると、その場を立ち去ったという。

その後、警察は現場近くにいたディラン・J・ケスターソン(34)を拘束。第一級憎悪犯罪と第二級憎悪犯罪2件で起訴した。罪状認否は5日午後を予定された。拘束後マルトノマ郡刑務所に収監されていたが、刑務所の記録によると、現在すでに保釈されている。

ポートランドのテッド・ウィーラー市長は声明で、事件に「激しい怒りを感じ、不快だ」と非難。「われわれのコミュニティではこのようないかなる差別行為も許容しない。地区検察局に対して、犯人に最大の刑を求刑するよう求める」と発表した。