ホーム ニュース ニューヨーク アジア人への憎悪犯罪増加。...

アジア人への憎悪犯罪増加。NY市警察、特別部隊を設立

ニューヨーク市警察(NYPD)は18日、新型コロナウイルスの感染拡大後、アジア系住民への憎悪犯罪が増加したことを受け、「アジアン・ヘイトクライム・タスクフォース」を設けたと発表した。

3月以降、アジア人に対する憎悪犯罪は21件発生しており、これまでに17人が逮捕された。例年よりも高い水準だという。

Rodney Harrison刑事は、「アジア人は、バスや電車、公園、レストラン、自宅の周辺のストリートで攻撃を受けている。」と述べた。しかし、言語の壁や文化の違い、警察への恐怖心から捜査の協力に積極的でない人もいると語った。

- Advertisement -

憎悪犯罪部隊は、アジア系コミュニティとNYPDの信頼および理解を構築するため、Stewart Loo警部が発案した。Loo氏は「安全を懸念し、外出するのを本当に怖がっている友人や家族がいる」と語った。
メンバーには、第2言語を話すアジア系アメリカ人の警察官25名が含まれる。通訳を介する必要がないため、被害者との関係構築や、捜査協力に役立つとしている。

Harrison刑事は、部隊は一時的ではなく、恒久的なものとなると発表した。また今後さらに、文化に基づく専門部隊が設立される可能性があるという。

TOP STORIES

Recommended stories