Advertisement
ホームニュースNY地下鉄車内でアジア人男...

NY地下鉄車内でアジア人男性を恐喝。ヘイトクライムの可能性

ニューヨーク市警察は29日、地下鉄車内でアジア人男性を脅し、金品を奪おうとした容疑者の男の写真を公開した。

事件があったのは26日午後4時半ごろ。ミッドタウンのウエスト34スリート・6アベニュー駅に向かう車両で物乞いをしていた男がアジア人男性に近づき、中国人かと尋ねた。その後、携帯とバッグを渡さなければ、殺すと脅したという。男性は駅で車両から降り、けがなどはなかった。男は車両に止まった。

警察は、ヘイトクライムの可能性で捜査を開始したと発表している。

ニューヨークの地下鉄では暴行事件などが相次いでおり、デブラシオ市長は今月中旬、地下鉄に警察官を250人を追加すると発表した。過去20年で最大規模の警戒態勢になるという。

全米でヘイトクライムが増加

カリフォルニア州立大学サンバナディーノ校の調査によると、今年の第一四半期、15都市で警察に報告されたアジア人ヘイトクライムは86件となり、昨年同時期(32件)から169%増加した。このうちニューヨークが42件で、増加率は223%となった。

デブラシオ市長は27日、ヘイトクライムに対する新たな取り組み「Partners Against The Hate」(P.A.T.H.)を明らかにした。
犯罪の根絶には、地域の指導者との協力が不可欠だとして、ユダヤ人やアジア人など6つのコミュニティ団体に対して、憎悪犯罪撲滅のための対策費用300万ドル(約3.3億円)を提供する。

TOP STORIES

What's New