土曜日にラズベガスで開催された総合格闘技団体UFCの大会「UFC 279」で、会場の巨大スクリーンに亡きエリザベス女王の写真が映し出されると、来場していたファンからブーイングが巻き起こった。

この日の試合が開催されたのは1万8,000人が収容可能なT-モバイル・アリーナ。インディペンデントにによると、8日に96歳で死去した女王を追悼とともにスタートした。画像には「In memory of Queen Elizabeth II. 1926 – 2022」のキャプションが添えられている。

ツイッターにはこの時の会場の様子を撮影した動画がシェアされている。

この後、「USA」の合唱が始まったという。

なおUFCは公式ツイッターアカウントにも追悼画像を投稿しているが、コメントを制限している。