ホーム ニュース 政治 ダンキンドーナツ炎上 「ス...

ダンキンドーナツ炎上 「スピーク・イングリッシュ」ポスター掲示

メリーランド州バルティモア(Baltimore)のダンキンドーナツ(Dunkin’ Donuts)に掲げられていた「英語を話せ」というポスターに、様々な反応が寄せられ話題となっている。

ポスターは、店舗のゼネラルマネージャーが顧客に向けて作成したもので、不快に思った客が18日にツイッターに投稿し、拡散された。

- Advertisement -

「もし我々の従業員のいずれかが英語以外の言語をしゃべっていたら、その従業員の名前とともにXXXXにご連絡ください。無料コーヒーまたはペイストリーのクーポンを差し上げます。」

ツイッターでポスターが話題となる中、ダンキンドーナツは声明を発表。「ダンキンドーナツとフランチャイズ店は、すべてのお客様のためにあたたかい、ホスピタリティーのある環境をつくるという目的を共有しています。」とした上で、ポスターは、マネージャーが顧客サービスや顧客満足の一環と考えてポスターを作成したものだが、店舗として不適切と判断し、現在は取り下げられていることを明らかにした。

なお、米国では公用語は定められていない。

関連記事

5月には、ニューヨークのサラダバーで、店員と他の顧客がスペイン語で話していることに腹を立てた弁護士が暴言を発し、メディアに取り上げられている。

「移民税関捜査局に通報してやる」スペイン語を話すレストラン従業員にNY弁護士が脅迫

TOP STORIES

Recommended stories