ホームニュースセントラルパーク「ボートハ...

セントラルパーク「ボートハウスレストラン」1年ぶりに再開

マンハッタンのセントラルパーク内にあるレストラン「ローブ・ボートハウス」(Loeb Boathouse)は8日、3月29日から営業を再開すると発表した。ウェブサイトで、平日のランチと週末のブランチの予約受付を開始している。

オーナーのディーン・ポール(Dean Poll)氏は、新型コロナウイルスの感染が拡大した昨年3月半ばに店を閉鎖し、163人の従業員を一時解雇した。州労働局には、解雇理由について「COVID-19が引き起こした予測不可能なビジネス状況のため」と説明。「(解雇は)恒久的」と報告していた。

1954年に開業したローブ・ボートハウスは、ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」や、映画「恋人たちの予感」、「幸せになるための27のドレス」などのロケ地としても有名。

- Advertisement -

2018年には290万ドルを投じた改装工事を完了した。工事では、メインダイニングのテーブル席が増設されたほか、テラス席には風を防ぐためのガラスウォールが設けられた。

なおソーホーの人気ブランチスポット「バルサザール」も、今月24日より1年ぶりに営業を再開すると発表している。

あなたにおすすめ

TOP STORIES