ホームニュースビジネス米スポーツジム、ワクチン接...

米スポーツジム、ワクチン接種しない人に会員費無料

ニュージャージー州にあるスポーツジムのオーナーが、ワクチンを接種しない人には会員費を無料にすると発表した。

ベルマーにある「アティリスジム」のオーナー、イアン・スミス氏はツイッターで「クリスピークリームが、新型コロナワクチンを受けたら無料でドーナツを提供しているが、ここアティリスジムでは、ワクチンを接種しないすべての人に、会員費を無料にする」と投稿。続けて「健康にとって本当に良いのは運動と良い食事、豊富なビタミンD、亜鉛、ストレスを解消する環境だ」と述べた。

同ジムはスミス氏とフランク・トランベッティ氏が共同所有している。2人は昨年、パンデミックの規則に違反して度々ニュースを騒がせた。

ジムは昨年5月、州の規則に反して営業を再開。この際、トランベッティ氏は「刑務所に行くまで、毎日ドアを開ける」と誓った。(その後、実際に逮捕された)

この後、CNNのインタビューでは「われわれは皆が生計を立てる権利がある。アメリカ人としてやりたいことを実行する権利がある」と話し、「われわれには自由が約束されている。このような圧政的な規制を課すことは、容認できない」と語った。

昨年8月、ベルマー地区議会は採決を行い、ジムの営業資格を取り消す評決をくだしていた。

ワクチンをマーケティングに活用する動き

今週、ドーナツチェーン大手のクリスピークリームは、新型コロナウイルスのワクチンを接種した人に対し、1日1個グレーズド・ドーナツを無料で提供すると発表した。ニューヨークの老舗レストラン、ジュニアズもこれに追随し、ワクチン接種者に、カップケーキサイズのオリジナル・チーズケーキを無料で提供すると宣言した。

このほか、リワードアプリの「Drop」は、ワクチンのセルフィーを#DropCovidのハッシュタグをつけてシェアした人に50ドル分のポイントを提供するとした。クリーブランドのマーケット・ガーデン・ブルワリーは、ワクチン証明を提示した最初の2,021人に、ビールを10セントで提供すると発表した。

バイデン大統領は25日の記者会見で、就任100日後のワクチン接種の目標について、当初の1億回を引き上げ、2億回を目指すと表明した。

あなたにおすすめ

TOP STORIES