幻となった新商品「レディードリトス」CEOのアイデアが炎上

レディードリトス
©mashupNY

人気スナック菓子のドリトスを販売するペプシコのCEO、インドラ・ヌーイ(Indra Nooyi)氏は、食べてもバリバリと音の立たない女性用ドリトスの開発を検討しているとインタビューで回答した。ところが、多くの女性がソーシャルメディア上で「それは必要ない」と反発。5日、ドリトスは女性用は作らないと声明を発表する事態となった。

女性のCEOによるアイデア

ペプシコ(PepsiCo, Inc.)でCEOを務めるインドラ・ヌーイ(Indra Nooyi)氏は、1月31日のポッドキャスト「Freakonomics Radio」の中で、「女性は男性のようにドリトスを食べない。」とし、「人前で食べるにはうるさすぎるし、指をなめたり、砕けたかけらや香料を口に入れたくない。」と発言した。
インタビュアーから、男性用や女性用のスナックを検討しているかと聞かれると、ヌーイ氏は、女性のために、あまり音が立たなくて、手が汚れない、バッグに入れて持ち歩いても大丈夫なようなスナックを作りたいと思っていると回答した。

この話題は、イギリスの大衆紙サン(SUN)が最初に取り上げた後、NYポストやビジネスインサイダー、NYタイムズなど約500以上のメディアに取り上げ、大きな話題となった。

ツイッター上の女性の反応

ソーシャルメディアは、「私たちが求めているのはレディードリトスではない」という女性の声で溢れた。


女性たち:平等な仕事と賃金、職場での性差別を終わらせたい。
社会:レディードリトスがあります。男性の同僚の前でバリバリ音を立てなくてもよくなりました。


いらないもの:女性用下剤、女性用工具、女性用かみそり、小さな女性のレゴ、女性のための賃金
私たちがまさに必要としているもの:女性の首相、女性のリーダー、女性の法王


女性たち:賃金の平等を与えて
世間:KFCの女性版カーネル
女性たち:賃金の平等って言ったんだけど
世間:音の出ないドリトス
女性たち:だから、
世間:女性のためのビックペンは試した?

ジェンダー別に商品を開発するのはナンセンスだという意見は、以前からたびたび話題となっている

レディードリトスが、女性のCEOによる発案ということに驚いたという意見も。

インド出身のヌーイ氏は、2006年以来ペプシコのCEOを務めており、フォーチュン500(フォーチュン誌の発表する全米上位500社)の中で27人しかない女性CEOの1人。ヌーイ氏は、トロピカーナやスポーツ飲料のゲータレードなど健康に配慮したブランドを傘下におさめてきた実績を持つ。

ドリトスは声明を発表

5日、ドリトスは正式にレディードリトスにNGを出した。
「すでに女性のためのドリトスは販売されており、ーそれはドリトスといいます。すでに多くの人に愛されています。」 とツイッターに投稿。
また、お客様のニーズと嗜好は進化し続けるとし、お客様の関心と喜びを追求する新たな方法について、これからも模索していきたいと声明を発表した。

シェア