ホーム ニュース ニューヨーク 感染増加のピークまで14日...

感染増加のピークまで14日、NY州で人工呼吸器3万台が不足

24日の会見で、ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ(Andrew Cuomo)知事は、今後14日から21日で州内の新型コロナウイルスの感染者の増加数がピークに達する可能性があると新たな予測を示した

試算では、ピーク時に最大で14万病床と、ICUベッド4万床が必要になると発表。現在、州全体の病床数は5万3,000床、ICUは3,000床で、病院の能力を短期間で劇的に拡大しなければならない。

病床数拡大のため、各病院に最低50%のベッドの増加を命じたほか、大型コンベンションセンターのジャビッツセンターや、州立大学キャンパス内に救急病院を設置する計画を進めている。

人工呼吸器 3万台不足

- Advertisement -

クオモ氏はさらに、現在最も州が必要とするのは人工呼吸器だと述べ、政府に早急な対応を求めた。

発表によると、州はICUに用意している3,000台に加えて、新たに7,000台を確保した。しかし感染者数のピークに対応するため、追加で3万台の確保が急務となっている。

クオモ氏は、不足を補うために2人の患者で1台を共有する方法を試験的に実施していると述べる一方、「できることはやりつくした。人工呼吸器を確保する唯一の方法は政府によるものだ」と語った。

続けて、政府ができることは2通りあると指摘。国防生産法にもとづき企業に人工呼吸器の生産を指示することと、政府が備蓄している2万台を解放することだと述べた。

1万5,000人近く感染が確認されたニューヨーク市に、政府から400台の人工呼吸器が送られたことに関して、「400で何ができる。われわれは3万台の人工呼吸器を要求したんだ。あなた方は、問題の重大性を見落としている。問題はその大きさによって定義づけられるものだ。」と、強い口調で政府を批判した。

24日現在、ニューヨーク州では25,665人の感染が確認されており、カリフォルニア州の2,800人やワシントン州の2,200人に比べ10倍以上多い。

クオモ氏は、GMやフォードが政府に人工呼吸器の生産を申し出ていることについて「ボランタリズムは美しいことだ」と述べつつ、14日以内に調達するためには政府の指示が必要だと主張。「政府が権限を行使ないのは、解せない」と声を荒げた。

政府の2万台の備蓄について、米保健福祉省(HHS)長官のアレックス・アザー(Alex Azar)氏に解放を要求したと述べつつ、政府は備蓄として解放しない方針であることを明かした。

一方、クオモ氏はピーク時期の差を利用して、必要に応じて各地を巡回させればよいと主張。「私は2万台の人工呼吸器をニューヨークに留めるよう求めていない」と述べ「カレンダーが異なっていて、順番も違っていることを知っているだろう。助け合わなくてはならない。」と、政府に解放するよう呼びかけた。

TOP STORIES

Recommended stories