ホーム ニュース 事件・事故 フィラデルフィア 警察官が...

フィラデルフィア 警察官が黒人男性射殺。抗議デモで略奪や破壊行為が発生

米北東部ペンシルベニア州ウエストフィラデルフィアで26日、ナイフを手にした黒人男性が、警察官に射殺される事件があった。

地元テレビ局WPVIによると、撃たれたのはウォルター・ウォレス・ジュニア(Walter Wallace Jr)さん(27)。武器を手放すよう命じられたが、指示に従わなかったため、2人の警察官が発砲した。ウォレスさんは、搬送先の病院で死亡が確認された。

SNSに投稿された動画では、車の背後から通りに出てきたウォレスさんに、2人の警官が銃を向け「ナイフを下ろせ」と警告した後、発砲する様子が撮影されている。

- Advertisement -

目撃者によると、銃を突きつけられたウォレスさんを、母親が落ち着かせようとしていたという。また別の人物は、なぜティーザー銃を使用したり、足を撃ったりしなかったのかと警察官の対応に疑問を語った。

警察委員長は、事件に多くの疑問が寄せられているのを認識していると述べ、地区検察局と合同で事件を調査すると発表した。

同日夜、多くのプロテスターが街に集まり、抗議デモが行われた。デモでは警察車両や一般車両が燃やされたほか、破壊や略奪行為が発生したと報じられた。この中で、33人が拘束され、30人の警察官が負傷している。

TOP STORIES

Recommended stories