ビヨンセ コーチェラ音楽祭でデスティニーズ・チャイルド再結成

14日、カリフォルニア州インディオで開催中のコーチェラ・ミュージック・フェスティバル(Coachella music festival)に歌姫ビヨンセ(Beyoncé)が登場。コーチェラの19年間の歴史で、黒人女性アーティストとして初のヘッドライナーを務めた。また、デスティニーズ・チャイルド(Destiny’s Child)を再結成し、多くのファンを喜ばせた。

ビヨンセは、昨年コーチェラのヘッドラインを務める予定だったが、双子の妊娠が判明。医師の指示により出演を取りやめた。代わりにレディー・ガガ(Lady Gaga)が出演した。

約2時間にわたって26曲を歌い上げた、ビヨンセのステージハイライトを一挙紹介する。

・デスティニーズ・チャイルドの元メンバー、ケリー・ローランド(Kelly Rowland)と、ミシェル・ウィリアムズ(Michelle Williams)と、2004年のヒット曲「ルーズ・マイ・ブレス」(Lose My Breath)」、「セイ・マイ・ネーム」(Say My Name)、「ソルジャー」(Soldier)を歌い会場を沸かせた。ソルジャーのPVを彷彿させるカモフラージュの衣装。


デスティニーズ・チャイルドが再結成するのは、2015年のステラゴスペルミュージックアワード(Stellar Gospel Music Awards)以来となる。また、2013年には、スーパーボウルのハーフタイムショーで登場した。

・ビヨンセは、公民権運動の活動家マルコム X(Malcolm X)や、フェミニストの作家、チママンダ・ アディーチェ(Chimamanda Ngozi Adichie)の引用やジャズシンガー、ニーナ・シモン(Nina Simone)のサンプリングを行った。
黒人の国歌として知られる「Lift Every Voice and Sing」をフューチャー。

・「コーチェラ、初の黒人女性のヘッドラインを務めさせてくれて、ありがとう。」と述べ、Run the World (Girls)を歌った

・夫のジェイ・Z(JAY-Z)も登場。「Déjà Vu」で共演した。ジェイ・Zはこの後行われるOTR IIツアーにも参加する。Solangeも加わった。
https://www.instagram.com/p/Bhla5a8BNLF/?taken-by=444album

・妹のソランジュ(Solange)もステージに参加。
https://www.instagram.com/p/BhmwUQuFUYp/?taken-by=saintrecords

・衣装はカスタムメイドのバルマン(Balmain)。デザイナーのオリヴィエ・ルスタン(Olivier Rousteing)と、ビヨンセのスタイリストマルニ・セノフォンテ(Marni Senofonte)チームとコラボレーションにより製作された。ルスタン氏が、米VOGUEに語ったところによると、サバイバーを表現するため、ミリタリースタイルとなった。

・USA Todayによると、YouTubeのライブストリーミングでは、約45万人が視聴したと伝えている。