ホーム ニュース 政治 スーパースプレッダーイベン...

スーパースプレッダーイベント?最高裁判事指名式の参加者 8人が感染

ホワイトハウスで26日に開催された最高裁判事指名式の出席者から、新型コロナウイルスの感染の報告が相次いでいる。

2日のトランプ大統領とメラニア夫人の報告に続いて、トム・ティリス上院議員(共和党)、マイク・リー上院議員(共和党)、ノートルダム大学のジョン・ジェンキンズ学長、ケリーアン・コンウェイ元大統領上級顧問が陽性を公表した。さらに3日にはクリス・クリスティ前ニュージャージー州知事が陽性判定を受けたと明かした。このほかに、会場にいたジャーナリスト1人の感染が報じられている。

いずれも感染経路は不明だが、式典出席者のうち8人が感染したことになる。なお米疾病対策センターのガイドラインでは、新型コロナウイルスの潜伏期間は14日間に及ぶと考えられており、曝露してから症状を発症するまでの期間は、中央値で4〜5日とされている。

- Advertisement -

26日、トランプ大統領は関係者をローズガーデンに招き、ルース・ベイダー・ギンズバーグ判事の後任にエイミー・コーニー・バレット判事を指名すると発表した。式典には、バレット判事の7人の子供たちも出席した。

会場では、参加者は密集して着席し、このうちの多くがマスクを着用していなかった。

ツイッターでは現在、マイク・リー議員やクリスティ氏が、式典終了後に他の参加者らとハグをする様子を撮影した動画が拡散されている。また#RoseGardenMassacre(ローズガーデンの虐殺)のハッシュタグがついたツイートが、数多く投稿されている。

TOP STORIES

Recommended stories