ホーム ニュース 政治 バイデン氏「オバマケア存続...

バイデン氏「オバマケア存続の危機」、トランプ氏の最高裁判事指名で

トランプ大統領は26日、ルース・ベイダー・ギンズバーグ最高裁判事の後任に、エイミー・コーニー・バレット連邦控訴裁判事(48)を指名すると発表した。

ホワイトハウスのローズガーデンでトランプ氏は「われわれの国で最も優れた、才能ある法的思考の持ち主を最高裁判所に指名することを光栄に思う。」と述べ、「比類なき業績と卓越した知性、優れた資格、憲法への揺るぎない忠誠のある女性だ」とバレット判事を紹介した。

「バレット氏は憲法の記載されたテキストに従って裁定する」と述べ、「自ら述べているように、裁判官であることは勇気を要する。裁判官は望みに応じて判決するのではない。責務を遂行し、 法がどこへ導こうとも、それに従うためにあるのだ。これこそが、バレット判事が最高裁判所で実践することだ」と語った。

- Advertisement -

続いて、バレット判事が指名受諾のスピーチを行い、上院の承認を受けた場合「最善を尽くして職務に答えることを約束する。私は合衆国を愛し、合衆国憲法を愛している。」と語った。

「最高裁に仕える可能性を前に恐縮している」と続け「任命の暁には、私の前任者を心に留める。ルース・ベイダー・ギンズバーグ判事の偉大な生涯の終わりを偲び、星条旗はいまだ半旗だ。」と語った。「彼女はガラスの天井を破っただけでなく、粉砕したのだ」と述べ、「巨大な才能と功績を収めた女性だ。公職に仕えた彼女の生涯は、われわれすべての手本となる」と述べた。

バレット氏は「私の役目は、私の仲間や当然自身のためではないと考えている。あなたがたに仕えることだ。人々に関係なく、正義の執行を求める司法の宣誓を果たす。」と語った。

トランプ大統領は就任後、ニール・ゴーサッチ氏とブレット・カバノー氏を最高裁判事に任命している。バレット判事が任命された場合、判事の構成は保守派6人-リベラル派3人となり、最高裁の保守色がさらに強まる。

民主党、判事任命はオバマケア存続の危機

民主党は、選挙前の判事任命に強く反対しているものの、共和党は、上院での承認に必要な過半数をほぼ確実にしている。

ジョー・バイデン前副大統領はツイッターで「上院は、国民が次の大統領と議会を決めるまで、行動するべきではない」と投稿。「最高裁の決定はわれわれの日常生活に影響する。憲法は、この決定を下す人物について、有権者の意見が反映されるよう設計されているのだ」と述べた。

さらに「パンデミックの最中に、ドナルド・トランプは、オバマケアの破壊を助けるであろう判事の任命を強行している。ヘルスケアが危機に瀕している。既往症の保護が危機に瀕している。彼らを勝たせるわけにはいかない。」と投稿した。

民主党のチャック・シューマー上院院内総務は、上院の承認採決の争点について「エイミー・コーニー・ブレット判事に投票することは、ヘルスケアの廃止に票を投じることだ。」と強調。「民主党は国民のヘルスケアのために戦っている」と述べた。

本会議の採決の前に指名承認公聴会を行う上院司法委員会のメンバー、リチャード・ブルメンサール議員は、公聴会を前にバレット判事との面会を行わない意向を表明した。

ブルメンサール議員は声明で、指名を「選挙までわずか1カ月の、不当ないんちき手続き」と批判。「バレット判事の見解は、既往症のある子どもから、いつ、どのように家族を持つのか自ら決定することができるよう望む女性まで、現実の命と人々に、現実的な方法で損害を与えるのだ。」と述べた。

続けて、バレット判事は「アフォーダブル・ケア・アクトの廃止と、ロー対ウェイド判決を覆すことへのコミット」というトランプ氏の2つの基準に合格していると指摘。「私はこの手続きを正当なものとして扱うことを拒否する。バレット判事との面会は行わない。」

なお、司法委員会メンバーが公聴会前に候補者と個別に面会する規定はないものの、面会を行うのが習わしとなってる。

TOP STORIES

Recommended stories