NYで薬物蔓延「ナルカン持ち歩くよう」市民に呼びかけ

75

ニューヨーク市保健局は、深刻な薬物危機に対処するため、市民に対し「ナルカン」(オピオイド拮抗薬)を携帯するよう呼びかけた。

同市は昨年、薬物の過剰摂取(オーバードーズ、OD)の死者数が前年に比べ12%増加し、3,000人を超えた。2000年の調査開始以来、過去最多となった。ODによる死亡者の81%から、フェンタニル(モルヒネの50から100倍強力なオピオイド)が検出されたという。人種別では黒人とラテン系の死亡率が高かった。ODによる死亡は、約60%が自分または他人の家、16%は公共の場で発生している。

先日はブロンクスにある託児所で、4人の子供が薬物をあやまって摂取し、1歳児が死亡する事件が起きた。子供たちが寝ていたマットの近くからは、1キロのフェンタニルが見つかった。床下の貯蔵庫からも薬物が押収されている。

アシュウィン・バサン市保健精神衛生局長は25日の会見で、薬物の使用者や、知人に使用者がいる市民に「ナルカンを携帯するべきだ。オーバードーズの兆候を知り、それらを使用するための訓練を受けるべきだ」と呼びかけた。また1人で薬物を使用するのを避けるほか、使用した場合のリスクなどについて家族と話し合いの場を持つよう求めた。さらにバーや事業所、公共イベントなどの場に「常備すべき」と主張した。

ニューヨーク市ではこれまでにも、オピオイド危機への対応策として、清潔な注射針などを完備した薬物投与施設を設置したり、ナルカンや吸引パイプなどが無料で入手できる自動販売機を設置したりするなどの取り組みを行ってきた。

Advertisement

バサン氏の発言に、スタテンアイランドから選出されたジョー・ボレリ市議会議員(共和党)は、ナルカンは重要だとしつつも、市民に所持をすすめるのは「白旗を振っているようなもの」と述べるなど、根本的な解決策にはならないとの見方を示した。