ホーム ニュース ニューヨーク NY州 新型コロナ陽性率 ...

NY州 新型コロナ陽性率 1カ月連続1%以下に

ニューヨーク州のクオモ知事は7日、検査の陽性率が1カ月連続で1%を下回ったと発表した。
クオモ氏は声明で「データに基づき段階的に再開していくことで、新たなマイルストーンに達した」と述べ「住民の努力のたまもの」とたたえた。今後もこの数値を維持するため「引き続き手洗い、マスクの着用、ソーシャル・ディスタンス」を続けるよう促した。

3月上旬に感染が拡大し始めたニューヨーク州では、6月8日より建設業や製造業など低リスクの事業から段階的に経済活動を再開している。8月下旬からはメトロポリタン美術館などの文化施設が再オープンした。

9日よりモールカジノなどが営業を再開する。110万人の子供が通う公立学校は、当初の予定より約10日間遅れたが、21日より対面授業を再開する。
フードコートを含むレストランでの店内飲食や映画館、ライブハウスなどは、再開が許可されていない。

- Advertisement -

現在の入院者数は413人まで低下した。前日の新規感染者数は520人(検査数58,865件、陽性率0.88%)、死者数は2人だった。ニューヨークタイムズの集計によると、州の累計感染者数は44万4500人、累計死者数は32,600人。

TOP STORIES

Recommended stories