ホーム ニュース ニューヨーク NYガンズヴォート半島パー...

NYガンズヴォート半島パークの完成予想図が公開

ハドソン・リバー・パーク・トラスト(Hudson River Park Trust、HRPT)は24日、マンハッタン西のガンズヴォート半島(Gansevoort Peninsula)に開設されるビーチ付きパークの完成予想図を公開した。

イメージは最終形ではないが、カヤックができる砂浜のビーチや、スポーツ広場、ピクニックスペースなどが設けられる。マンハッタンにビーチが開設されるのは、今回が初めてとなる。

Gansevoort Peninsula park
James Corner Field Operations, courtesy of the Hudson River Park Trust
Gansevoort Peninsula park
James Corner Field Operations, courtesy of the Hudson River Park Trust
Gansevoort Peninsula park
James Corner Field Operations, courtesy of the Hudson River Park Trust

HRPTのマデリン・ウィルス(Madelyn Wils)最高経営責任者(CEO)は声明で「河口につながる生息地を作り、人と野生生物を繋げたいというアイデアが背景にある。」と公園のコンセプトを述べ、「コミュニティの人々と協力し、プロジェクトの完成を心待ちにしている。」と語った。

- Advertisement -

1月の発表では、パークの設計には、ハイライン(High Line)やブルックリンのドミノパーク(Domino Park)で知られる造園建築会社ジェームズ・コーナー・フィールド・オペレーション(James Corner Field Operations)が選ばれた。
ハドソン川の海水汚染の関係で、海水浴は難しいとみられている。

パークは来年後半に着工し、2022年中に完成を予定する。

TOP STORIES