ホーム ニュース 政治 ジュリアーニ氏の息子、ニュ...

ジュリアーニ氏の息子、ニューヨーク市長選に出馬?

ルディ・ジュリアーニ(Rudy Giuliani)元ニューヨーク市長の息子、アンドリュー・ジュリアーニ(Andrew Giuliani)氏(34)が、来年のニューヨーク市長選への出馬を検討していることが分かった。ニューヨークポスト紙が報じた。

アンドリュー氏は「多くの信頼する人々が、アプローチしてきた」と述べ「確かに検討している」と同紙に出馬の可能性を認めた。

またデブラシオ政権が、警察部門の予算を削減し、銃暴力を取り締まってきた私服警察の部門を解散させたと述べ、「警察がこれまでに行ってきたことを評価しておらず、ニューヨークを破綻させた。」と非難。「ここ数年間の負のスパイラルはひどいものだった」と述べた。

- Advertisement -

父のジュリアーニ氏は、1994年から2001年までニューヨーク市長を務めた。現在はトランプ氏個人の顧問弁護士を務めている。

息子のアンドリュー氏は、ジュリアーニ氏の2番目の妻、ドナ・ハノーバー(Donna Hanover)氏との間に生まれた。過去数年間は、トランプ大統領の「連絡係」を務めてきたという。現在はトランプ氏再選のための支援活動を行っているが、「11月3日の後は、ニューヨーク市をどう救うかに焦点を当ててていく」と語っている。
ニューヨークポストはアンドリュー氏について、「過去20年間目立たない存在」で、政界に飛び込むには「イメージチェンジが必要」としている。

▼1994年ニューヨーク市長の就任式で、父のジュリアーニ氏と共に登壇し、壇上から投げキッスを送るアンドリュー氏(当時7歳)。

アンドリュー氏は政策について、「(ジュリアーニ元市長が90年代に実施した)ブロークン・ウィンドウや、警察のエンパワーメント、民間セクターに経済的機会を創出するためのアカウンタビリティを与える」ほか、「長期間政府に依存したサークルは行き詰まっている」として「低所得コミュニティに自由経済を再導入する」と語っている。
「全ての中核にあるのは、公共の安全だ。それは、ニューヨーカーが安全を感じ、観光客がここに安全に訪問できると感じられる。」と治安の改善を挙げた。

TOP STORIES

Recommended stories