ホーム ニュース アトランタ黒人男性射殺事件...

アトランタ黒人男性射殺事件 ウェンディーズ放火の容疑者は被害者の「ガールフレンド」

ジョージア州アトランタで、黒人男性射殺事件に対する抗議デモの最中にウェンディーズが放火された事件で、地元捜査当局は23日、ナタリー・ホワイト(29)容疑者の身柄を拘束した。

ホワイト氏の弁護士のドルー・フィンドリング氏は、ニューヨークポスト紙に対し、ホワイト氏が前日に駐車場で警察官に射殺されたレイシャード・ブルックスさんの「ガールフレンド」だと認めた。間柄については「近しい友人」と述べつつ、同日葬儀を行ったブルックスさんの遺族に敬意を表して、詳細のコメントを控えた。

ブルックスさん射殺事件

12日夜、午後10時半ごろユニバーシティアベニューのウェンディーズ付近に不審人物がいるという通報を受け、警察官が駆けつけたところ、ドライブスルーで通行を妨げている車両を発見した。

- Advertisement -

車両内でブルックスさんが車内でハンドルを握ったまま眠っていた。飲酒検査でアルコールが検出されたため、拘束しようとしたところ、ブルックスさんが抵抗。2人の警察官と地面でもみ合いになった。その後、ブルックスさんが1人の警察官からテーザー銃を奪い逃走したが、銃撃を受け死亡した。捜査当局は現場の防犯カメラの映像を公開し、発砲の前に、ブルックスさんが振り返って、テーザー銃を警察に向けたと説明している。

FOXニュースによると、警察官が公開したボディカメラでは、職務質問の際、ブルックスさんが「ナタリー・ホワイト知ってるかい、彼女は私のガールフレンドだ。行ってしまったが、私は彼女に”ウェンディーズを買って戻ってくる”と告げたんだ。」と、ホワイト氏に言及する場面があった。

なおブルックスさんには妻子がおり、事件の翌日は8歳になる娘の誕生日だった。

フルトン郡の検察は17日、発砲した元警察官ギャレット・ロルフ(Garrett Rolfe)を重罪謀殺など11の罪で起訴したと発表した。重罪謀殺で有罪判決を受けた場合、死刑または無期懲役になる可能性がある。

ウェンディーズ放火

事件の翌日13日、ウェンディーズ付近で大規模な抗議デモが行われた。デモは破壊や略奪行為に発展。店に火が放たれた。

放火事件直後から、店舗に放火する女性の姿がSNSに出回っていた。

捜査当局は16日、防犯カメラに映った容疑者の写真を公開。情報を求めていた。

TOP STORIES

Recommended stories