ホームニュースウォルマート、カニエ・ウェ...

ウォルマート、カニエ・ウェストYeezyの新ロゴに待った!

米小売最大手のウォルマートが、人気ラッパーのカニエ・ウェスト氏が発表したYeezy(イージー)のロゴは、自社のトレードマークに酷似しているとして、米国特許商標局に異議申立を行っていたことが分かった。ニューヨークポストが伝えた

ウェスト氏は実業家として「Yeezy LLC」を立ち上げ、主にファッション関連のビジネスを手掛けている。昨年1月にロゴを商標申請していた。

ロゴは、黒い3つの点からなる線が8本、中央の円から放射線状に広がる様子を表したもので、「太陽からの光線」をイメージしたという。これらはスニーカーや下着、Tシャツ、家具、モジュラーホーム、ホテルのアメニティなど様々な商品に使用していく計画だという。

- Advertisement -

一方、ウォルマートが13年間使用している現在のロゴも太陽光線をイメージしており、線の形や色、本数など細かい違いはあるが、6本のオレンジ色の線が放射線状に広がっている。

ウォルマートはYeezyのロゴは、「混乱を生じさせ」、ウォルマートとYeezyが「関連すると誤解させる」と主張している。

ウォルマートはさらに、ウェスト氏がエンターテインメントの場でロゴを使う計画であることにも言及。同社が過去にジェニファー・ガーナーやドリュー・バリモア、ジェンナー姉妹などの著名人とコラボ商品を展開してきた例を挙げ、セレブの一人であるカニエのブランドロゴとの類似は、混乱を招きやすいとしている。

ウォルマート側は19日にYeezyの代理人に当てた書簡で、同社は昨年夏より、デザインが共存できるようYeezyの代理人に働きかけてきたが、協力を得られていないと説明。ロゴの使用に関して、両者で引き続き協議する必要があると訴えていた。

Yeezy × GAPも話題に

カニエは昨年6月、GAPと提携し「Yeezy × GAP」を立ち上げる計画を電撃発表した。今月9日に、GAPの青い背景に白抜きで「YZY」と表記されたロゴの商標登録を申請しており、現在承認待ちだという。

ニューヨークタイムズによると、両社は10年間の契約を締結しており、洋服や靴、帽子、バッグ、アクセサリーなどの商品を発売する予定だという。

あなたにおすすめ

TOP STORIES