Advertisement
ホームニュース事件・事故スリに注意!巨大クリスマス...

スリに注意!巨大クリスマスツリー周辺で被害相次ぐ

ホリデーの華やかな雰囲気で賑わうニューヨークで、観光客を狙った窃盗罪の容疑で、5人が逮捕された。

WABCによると、10日午後8時から10時の間、ウエスト50ストリート付近で、スリの報告が相次いだ。この付近には、ロックフェラーセンターの巨大クリスマスツリーがあり、写真を撮っている最中に、被害にあったという。

その後、ニューヨーク市警察は、5人の男を逮捕。年齢は、27歳から65歳。この中の1人、65歳のゲイリー・ティーズリー(Gary Teasley)容疑者は、スリの常習犯で、これまでに37回の逮捕歴があるという。

ニューヨークポスト紙によると、ティーズリー容疑者は日頃から、盗品を盗難場所やカテゴリーごとに分類し、ロッカーに保存していた。前科の大半は、盗品の所持罪だという。

ティーズリー容疑者をよく知るという警察官らは、「どこからともなく姿を表す」「切れ者で、1,000ドルのスーツを来ており、スキルがある」「羊の皮をかぶったオオカミ」などと話している。

10日は、女性のバッグに手を入れ、中身を取り出そうとしたところを、現行犯逮捕された。

ある捜査当局者は、ティーズリー被告は、司法改革制度により、保釈金が設定されないことを、よく心得ていると話している。

4級の窃盗罪で起訴されたが、すぐに釈放。来年1月に裁判所の出頭を命じられた。検察官は監視を求めたが、判事はそれを却下したという。

TOP STORIES

What's New