Advertisement
ホームニュースニューヨークマンハッタン路上で馬と車が...

マンハッタン路上で馬と車が衝突 転倒し流血

マンハッタンで23日、観光馬車と車が衝突。馬車を引いていた馬が、転倒して負傷する事故があった。ニューヨークポスト紙が伝えた。

事故は交通量の多い午後5時15分ごろ、セントラルパークの南側、8アベニューと55ストリートの交差点の近くで起きた。どちらがぶつかったのかなど、詳細は明らかになっていない。

SNSには、事故発生直後の映像が複数投稿されている。馬は倒れ、しばらく動かなかったが、その後起きあがろうと、もがいた。この時動かした足が、何度も車に当たる様子が撮影されている。

破損した馬車の部品や道路にも大量の血が付着している。

ニューヨーク市警察によると、馬は足を損傷し、獣医の手当てを受けたという。この事故で運転手や通行人などに、けがはなかった。事故にあった馬は、道路で馬車を引くのは、この日が初めてだったという。

ニューヨークを拠点に活動する動物保護団体NYCLASSの代表Edita Birnkran氏は、馬車馬が道路を走る大都市はニューヨーク以外にないと非難。市議会議員に道路の使用を禁じるなど迅速な法案の制定を求めた。

セントラルパーク 馬車
2019年に馬の乗り場は、交通量の多い道路側からセントラルパーク内へと移動した。(mashupNY)

セントラルパークで見かける観光馬車は、動物保護の観点から、営業停止を求める活動が長年続いているが、未だ実現していない。

デブラシオ市長は、2013年に市長選に立候補した際、公約の一つに観光馬車の廃止を掲げていた。しかし労働組合や馬車業界からの反発は強く、2016年に市議会で法案は否決された。

2019年には、極端な気温の中で、観光馬車の運行を禁止する法案が成立。同年、馬車の乗り場が、交通量の多いセントラルパーク南の道路から、公園内に変更する法律が施行された。

あなたにおすすめ

TOP STORIES

What's New