「ダイアナに仕立て上げようとしている」メーガン妃パパラッチ騒動に誇張との声

85

ヘンリー王子とメーガン妃が、ニューヨークを訪問中に、パパラッチらによる「大惨事に近い」カーチェイスに巻き込まれたと、報道官を通じて発表したことに、元FOXニュースのキャスター、メーガン・ケリーが噛み付いた。

メーガン妃は16日、非営利団体「Ms. Foundation for Women」主催の授賞式の主賓として、ヘンリー王子と母ドリア・ラグランドさんとともに、マンハッタンのミッドタウンにある会場を訪れた。イベントは、女性のための公平、公正な未来の創造に尽力するリーダーを称えるとされ、メーガン妃には「Women of Vision Award」が贈られた。

翌日、夫妻の報道官は「昨夜、サセックス公爵夫妻とラグランド氏が、攻撃的なパパラッチらの手によって、大惨事に近いカーチェイスに巻き込まれた」と声明を発表した。追跡は2時間以上に及んだとし、「他のドライバー、歩行者、ニューヨーク市警察の警官2人を含む、複数の衝突寸前の事態を生む結果になった」と説明した。

「公人には一定の世間の関心がつきものだが、誰かの安全を犠牲にするものであってはならない」と非難し、「画像を広めることは、その入手方法を考慮すると、関係者全員にとって危険、侵害的な行為を助長することになる」と報道関係者に抑制を求めた。

なお、ニューヨークポスト紙が市警察の関係者の話しとして伝えたところでは、二人を警護する民間のセキュリティチームに警官らが同行した。目的地に向かう間、パパラッチを避けるために迂回したり、私道に隠れたりすることを余儀なくされるなど、困難を伴ったが、衝突や負傷、逮捕の報告はないという。

Advertisement

メーガン妃に批判的なことで知られるケリー氏は、ポッドキャストの番組でこの騒動に言及。「大惨事に近い?どういう意味だろうか。私たち全員にあることだ」と主張。「運転中にラジオを変えるために下を向くことや、メールや電話を確認する愚かな行為だって、”大惨事に近い”」と続け、「あなたの車の周りにいる誰にでも起こりうる」と話した。

「悪いけど、あなた方はアメリカにいて、公の場や路上、会場を去る際、メディアが写真を取る権利がある」と述べ、「報道の自由があるこの国では、生活の一部だ。嫌なのだろうか?頼むから故郷に帰って。ヘンリー、奥さんも連れて行って」と言い放った。

カーチェイスについて、「マンハッタンで2時間のカーチェイスなどありえない。停止のサインが多すぎるし、赤信号も多すぎる。人の往来も激しく、交通量も多い。この地区で2時間のカーチェイスは不可能だ」と反論。「二人はある程度すすんで加わったに違いない。車を置いて安全に避難できる場所はいくらでもある」と、夫妻の動機にも疑問を呈した。さらに「彼らは大袈裟にしている。人目につきたいからだ。彼(ヘンリー王子)は、交際を始めた当初から彼女をダイアナに仕立て上げようとしている」などと続けた。