カニエ・ウエストがモスクワに出没、豪華ヨットでパーティー

45

米国人ラッパーのカニエ・ウエスト(Ye)がモスクワを訪れる姿が目撃された。ロシアの国営メディアRTが伝えた。

SNSにはモスクワ市内のホテルや赤の広場付近で撮影されたとみられる動画が拡散されており、カニエ自身も30日にVK(ロシアの主流SNS)のアカウントを更新し、「ハロー・モスクワ」とメッセージを投稿した。

カニエ訪問の知らせに伴い、モスクワ最大の競技場ルジニキ・スタジアムでコンサートを予定しているとの憶測が飛び交ったが、現地当局者はコンサートは「フェイク・ニュース」だと否定している。

この一方でロシア人デザイナーのゴーシャ・ラブチンスキー氏の広報が、RTに、カニエの訪問は40歳になった同氏の誕生日パーティーに出席するためであると明かしたという。

ロシア語メディアMashは、テレグラムのアカウントで、カニエとラブチンスキー氏の一行がヨットでくつろぐ姿を投稿している。

Advertisement

カニエは2022年、反ユダヤ主義的な言動をきっかけに厳しい非難に直面。これを受けて、アディダスが約10年に及んだパートナーシップ契約の解消に踏み切った。翌年の2023年12月に自身のブランド「Yeezy」のクリエイティブ・ディレクターにラブチンスキー氏を任命したと発表していた。

カニエの関係者は否定しているが、2022年の春または夏にロシアを訪問して初のコンサートを開催し、ロシア政府に関係のある富豪とビジネスの取引について協議するほか、プーチン大統領に面会を申し出る計画があると報じられたことがあった。