ホーム ニュース ジェフリー・エプスタイン被...

ジェフリー・エプスタイン被告が自殺 SNSで陰謀説が拡散

少女数十人を性的搾取の目的で人身取引したとして7月に起訴されたジェフリー・エプスタイン被告が10日、ニューヨークの刑務所で自殺により死亡した。

死亡について司法省は「明らかな自殺」と発表しているが、SNSには、クリントン元大統領夫妻やトランプ大統領による死亡への関わりなど、陰謀をほのめかすメッセージが駆け巡った。ツイッターでは、一時、クリントン氏の関与を示す#ClintonBodyCountや#ClintonCrimeFamily、トランプ氏の関与を示唆する#TrumpBodyCountといったハッシュタグがトレンドとなった。

「トップの腐敗した政治家の名前が公表され始めたのに続いて、自殺の監視下にあるジェフリーエプスタインが、自殺を図ったニュースを見た。左か右かはどうでもいいけど、すべてのアメリカ人は激怒するべきよ。#ClintonBodyCount」

- Advertisement -

エプスタイン氏は先月、刑務所で自殺未遂をし、半ば意識不明の状態で病院に搬送された。その後、自殺の恐れがあるとして監視下に置かれていた。しかし、昨日はその監視が解かれていたという。

エプスタイン氏はこれまで、ビル・クリントンやトランプ大統領をはじめ、数多くの有名人と親交があったことで知られる。

エプスタイン氏の逮捕後、クリントン元大統領との関係がSNSやメディアで広まった。クリントン氏の広報担当は、2002年から2003年に、クリントン氏がエプスタイン氏の飛行機で4度の旅行をしたと関係を認めつつ、エプスタイン氏の犯罪については一切知らないと発表している。

大統領みずから陰謀説を流布

さらに、トランプ大統領もエプスタイン氏の死とクリントン元大統領を関連づけるメッセージをリツイートした。

「7日24時間監視のもとで自殺して死亡した?そう、そのとおり。ジェフリ・エプスタインはビル・クリントンの情報をもっていて、死んだんだ。#TrumpBodyCountがトレンドになってるけど、誰がやったのか知っているぞ」

トランプ政権内の人物も、クリントン夫妻による陰謀説を拡散した。ニューヨークとニュージャージを監督する住宅都市開発省のリンパットン氏はインスタグラムで、ヒラリークリントン氏の関与をほのめかした。メッセージには夫妻の土地開発・不正融資疑惑(ホワイトウォーター疑惑)に関与したとされ、自殺したビンス・フォスター氏の名前をつけたハッシュタグ#VinceFosterPartTwoが含まれている。

TOP STORIES