ホーム ニュース 政治 性的人身売買疑惑の米下院議...

性的人身売買疑惑の米下院議員、トランプ氏に恩赦を依頼していた?

ニューヨークタイムズは、事情を知る人物による話として、マット・ゲイツ下院議員(共和党 フロリダ)が、トランプ氏が退任する数週間前に、ホワイトハウスに先制的恩赦を求めていたと伝えた。

同紙は先週、司法省が、未成年の少女を性的人身売買した疑いでゲイツ議員を捜査していると報じた。

恩赦の話をした時点で司法省はすでに捜査を開始しており、ゲイツ議員の関係者に聴取を行なっていたという。ただし、ゲイツ議員またはホワイトハウスが知っていたか不明だとしている。

- Advertisement -

ゲイツ議員は11月24日のFoxニュースのインタビューで、トランプ氏が幅広く恩赦を与えることを強く支持し、「マイケル・フリン、サンクスギビングの七面鳥、必要とあらば彼自身から政権幹部、(タイガーキングこと)ジョー・エキゾチックまで恩赦を与えるべきだ」と話していた。

ホワイトハウスの法律顧問や高官らは、先制的な恩赦は悪しき前例となり、ゲイツ議員の要求が認められる可能性はないだろうとみていたという。

ゲイツ議員の願いは側近からトランプ氏に伝えられた。

一方、トランプ氏は7日、声明を発表し、「マット・ゲイツは一度も私に恩赦を頼んだことはない」と報道を否定。さらに「彼が疑惑を全面的に否定していることも覚えておかなければならない」と疑惑の渦中にあるゲイツ議員を擁護した。

ニューヨーク大学の法および公共政策に関する研究機関「Brennan Center for Justice」のマイケル・ウォルドマン代表はABCニュースに、ゲイツ議員の要求は「突飛すぎて、トランプ大統領さえも退けた」と指摘。先制的な恩赦は「異常」であり、捜査対象の議員に与えることはさらに異常だと語った。

ゲイツ議員は性的人身売買の疑惑を否定している。疑惑報道の直後、Foxニュースの番組に出演し、元政府関係者から家族が金をゆすられていると明かし、疑惑はこれらの人物らによる企みだと主張していた。

※当サイトの記事のテキスト・画像の無断転載・複製を固く禁じます。

あなたにおすすめ

TOP STORIES