Advertisement
ホームニュースクライムプティトーさん殺害事件「絞...

プティトーさん殺害事件「絞殺」と断定 婚約者の行方は?

婚約者とバンで大陸横断旅行に出かけたギャビー・プティトー(Gabby Petito)さん(22)が遺体で発見された事件で、ワイオミング州ティトン郡の検視官は12日、プティトーさんが絞殺されたことを明らかにした。

検視を監督したブレント・ブルー医師は会見で、「法病理医と人類学者、地元警察、FBIの支援により行った綿密な調査の結果、ティトン郡検視室は、ギャビー・プティトーさんの死に関して以下の決定を提出した」と述べ、「原因は絞殺で、死亡の種別は殺人だ」と発表した。

ブルー氏は、ワイオミング州の州法により、原因と種別以外の話をすることはできないとしつつ、死亡の推定日時は、遺体発見から遡ること3、4週間前だと話した。

容疑者に関する質問には一切答えなかったものの、プティトーさんの死は「不幸にも、全国のドメスティック・バイオレンスによって死亡する多くのケースの一つ」と話した。

ブティトーさんの遺体は9月19日、ワイオミング州のグランドティトン国立公園近くの森林公園内で発見された
一緒に旅に出かけた婚約者のブライアン・ランドリー(Brian Laundrie)氏は、9月1日にフロリダ州の実家に1人で帰宅した。しかし17日になると、ランドリー氏の両親は、ランドリー氏が4日前(後に弁護人は3日に前に訂正)に自然保護区「カールトン・リザーブ」に出かけると言い残したまま帰ってこないとして、行方不明届を提出した。

なおプティトーさんは8月27日を最後に目撃情報が途絶えている。この日2人は、ワイオミング州ジャクソンホールの飲食店「Merry Piglets」で昼食を取っており、ランドリー氏が女性のスタッフに攻撃的な態度を取っていたのを目撃されていた

FBIは23日、ランドリー氏に対して別件で逮捕状を取得し、行方を追っている。容疑は殺人に関するものではなく、プティトーさんのデビッドカードを不正に使用した疑い。

会見の数時間後、医師のブルー氏は、CNNのアンダーソン・クーパー氏のインタビューに答えた。クーパー氏は、報告書に死亡が「扼殺/扼頸」記載されていると指摘。意味について問うと、ブルー氏は「扼頸は、人間の力によって絞め殺されることを意味する」と説明。「機械的な力は関与していない」と述べた。

いかに特定にいたったかについて「主な理由は、人間だけが母指対向性があるから」と述べ「死因について、動物によって殺されたという証拠はない」と語った。

会見中にドメスティック・バイオレンスの可能性を示唆したことについて聞かれると「憶説だ」と答えた。

ランドリー氏の行方は?

(C)North Port Police Department

婚約者のランドリー氏だが、14日から失踪しており、まだ発見されていない。

捜査当局は18日から数週間にわたって、ドローンや警察犬などを投入し、蛇やワニの生息する広大なカールトンの湿地帯を捜索した。今月7日には、ランドリー氏の父親も捜索の協力に加わったが、物的証拠は見つからなかった。

なおランドリー氏は1人で帰宅した後、9月6日から9日まで、両親と共に自宅から120キロ離れたフォート・デ・ソト(Fort De Soto)でキャンプを行っていたことが判明している

ランドリー氏の目撃情報も報じられている。フロリダ州出身の男性デニス・ディビス(Dennis Davis)さんは10月3日、ノースカロライナ州とテネシー州の境にあるアパラチアン・トレール(Appalachian Trail)で、白のピックアップトラックに乗車したランドリー氏に道を尋ねられたとFoxニュースに語っている。

デイビスさんが「どこに行くのか?」と尋ねると、ランドリー氏とおぼしき男性は「カリフォルニアに向かっている」と答えた。さらに「彼女と喧嘩をした。しかし彼女は私を愛していると述べ、私を呼んでいる。彼女に会うためにカリフォルニアに行く」と語ったという。カリフォルニア方面への道を教えたが、ランドリー氏はそれに従わなかったという。デイビスさんはその後、話をしたのはランドリー氏本人だと確信。警察とFBIに通報した。

9月20日以降、FBIは証拠や情報を収集するため、4回にわたってランドリー家の捜索を行っているという。

TOP STORIES

What's New