Advertisement
ホームニュースクライムインスタグラマー失踪事件に...

インスタグラマー失踪事件に新展開。「参考人」の婚約者も行方不明

フィアンセとアメリカ大陸横断旅行に出かけていたインスタグラマー、ギャビー・プティトー(Gabby Petito)さん(22)が失踪している事件で、17日、恋人のブライアン・ランドリー(Brian Laundrie)さん(23)も14日から行方不明になっていることが判明。謎が謎を呼ぶ展開となっている。

ランドリーさんは1日、フロリダ州の自宅に1人で戻っていた。プティトーさんの家族が11日に娘の行方不明届を提出すると、15日にはランドリーさんが捜査の「参考人」に指名されると発表された。なおランドリーさんは帰宅後、姿を見せておらず、捜査への協力を拒んでいるとも報じられていた。

しかし17日になって、ランドリーさんの代理人を務めるスティーブ・ベルトリン弁護士は声明で、本人の所在は「現在不明」だと発表。FBIがランドリーさんの居場所を特定するため、自宅から所有物を持ち出したと説明し、現在「2人を捜索している」と明かした。

捜査の進展状況は?

フロリダ州ノースポート警察のトッド・ガリソン署長は同日夜、ツイッターで、ランドリー家との「会話は完了した」と投稿。まもなく声明を発表する予定だとし、捜査が進展していることをほのめかした。ガリソン署長はまた、マスコミや一般人が自宅に押しかけるなど、状況が過熱していることから、皆に落ち着くよう呼びかけている。

ノースポート警察は17日深夜、ランドリーさんの身体的特徴を公開し、情報の提供を呼びかけた。この中で「地域住民のフラストレーションは把握している」と理解を示しつつ、ランドリーさんは、プティトーさん失踪の参考人であり、「犯罪の指名手配人」ではないと改めて述べた。

事件の経緯

プティトーさんとランドリーさんは7月2日、プティトーさんの母親が住むニューヨーク州ロングアイランド・ブルーポイントを出発。フォードの白いバンで、オレゴン方面に向かった。

8月中旬にユタ州に到達。12日には、モアブ(Moab)市にある食料品店の前で2人が、大げんかをする姿を目撃されている。プティトーさんがランドリーさんを殴るなどしたことから、警察にも通報が寄せられており、2人は、アーチーズ国立公園の入り口付近で職務質問を受けた。行方不明事件を受け、今月16日にボディカメラの映像が公開された。プティトーさんはひどく動揺しており、泣きながら質問に答える様子が映っている。

18日、モアブのキャンプ場付近で、2人の女性が銃で殺害されているのが発見される。このうちの1人は、プティトーさんらが12日に口論をしていた食料品で働いていた。今回の失踪事件と殺人事件の関連性についても、警察が調べを行っていると報じられている。

19日、2人はYouTubeにチャンネルを解説。「Van Life」と題した動画を投稿している。

25日、プティトーさんは、母と電話で会話をしており、ワイオミング州のグランドティトン国立公園にランドリーさんと一緒にいると語っていた。30日に母宛に送ったテキストメール「ノーサービス・イン・ヨセミテ」を最後に連絡が途絶えた。

1日、ランドリーさんは1人で、フロリダ州の実家に帰宅。

11日、プティトーさんの家族が行方不明届を提出した。

15日、警察はランドリーさんを失踪事件の参考人にしたと発表した。プティトーさんの家族は、ランドリー家に対し、娘の居場所を教えて欲しいと書面を送っている。

TOP STORIES

What's New