Advertisement
ホームニュース仏司法当局 エプスタイン関...

仏司法当局 エプスタイン関連捜査で元モデルエージェントを逮捕、アンドルー英王子に聴取の可能性

フランスの司法当局は17日、元モデルエージェントでジェフリー・エプスタイン氏のビジネスパートナーだった、ジャン=リュック・ブルネル(Jean-Luc Brunel)氏(74)を逮捕したと発表した。

検察は、ブルネル氏を、未成年者を含む犠牲者に対するレイプや性的暴行、人身売買に加担したなどの容疑で捜査していたと話しているという。セネガルに向かうため、シャルルドゴール空港にいたところ、身柄を拘束された。

検察は昨年8月、エプスタイン事件に関連して、フランス国内、または国外でフランス人に対して行われた犯罪を解明するため、広範な捜査を開始していた。

マイアミ・ヘラルドによると、ブルネル氏とエプスタイン氏の関係は数十年前にさかのぼる。エプスタイン氏の飛行機のフライトログには、ブルネル氏の名前が25回登場するほか、エプスタイン氏が2008年に13カ月間の禁固刑を受けた際、ブルネル氏は刑務所を60回近く訪問していたという。またフロリダのパームビーチにあるエプスタイン氏の家にも度々訪問していた。

今年8月には、ブルネル氏が、エプスタイン氏の元恋人ギレーヌ・マクスウェル被告と、エプスタイン氏が所有していたロリータ島ことリトル・セント・ジェームズ島で親しく映る写真が流出していた。

マクスウェル被告は、エプスタイン氏による未成年者への性的虐待に協力した容疑で、今年7月に逮捕、起訴された。現在、ブルックリンにある拘置所、メトロポリタン・ディテンション・センターに収監されている。

ブルネル氏は1970年代にスカウトマンとしてキャリアをスタートし、カリン・モデルズのトップを務めた。しかし、BBCの調査報道でファッション界の虐待が明るみとなり、1999年にヨーロッパのエージェントから追放。その後、米国に移り、エプスタイン氏の資金協力を得てMC2モデル事務所を創設した。これまで、クリスティ・ターリントン(Christy Turlington)やシャローン・ストーン(Sharon Stone)、ミラ・ジョヴォヴィッチ(Milla Jovovich)といった有名モデルを発掘したことで知られているという。

ブルネル氏は、1980年代にギレーヌ・マクスウェル氏を通じて、エプスタイン氏と知り合ったという。

ブルネル氏の問題が最初に公にになったのは1988年。60ミニッツは、ブルネル氏が、モデルに対して性暴行や性的不適切行為を行なっている可能性を報じた。

アンドルー英王子に聴取の可能性

英大衆紙The Sunは、ブルネル氏への捜査は、検察が、ブルネル氏と英国王室のアンドルー王子が愛人を共有していたことを知ったことから始まったと伝えている。

エプスタイン事件の告発者の1人で、昨年テレビでアンドルー王子との関係を告発したバージニア・ロバーツ・ジュフレさんは、米国とフランスの裁判所に提出した書類で、16~19歳の間に「複数回にわたってブルネル被告と性的な関係を持った」と証言している。

アンドルー王子については、ジュフレさんは、17歳だった2001年に、ギレーヌ・マクスウェル被告のロンドンのタウンハウスで、性行為を強要されたほか、ニューヨークにあるエプスタイン氏の自宅や、ヴァージン諸島にある物件でアンドルー王子と性行為を強要されたとしている。

ジュフレさんはまた、ブルネル氏が12歳の子供を含む少女らにモデルの仕事を提供して、「エプスタインに預ける」ために米国に渡航させたと証言しているという。

アンドルー王子は、昨年行ったBBCのインタビューで、エプスタイン氏との交友関係を認めたものの、ジュフレさんと面識はないと述べ、疑惑を否定していた。

The Sunによると、アンドルー王子に近い情報筋は、王子は、ブルネル氏と会ったことは一度もないと、関係を否定しているという。

捜査関係者は、同紙に対し、すでに多数の目撃者に証言を求めているとしつつ、「アンドルー王子は明らかに、エプスタイン被告の犯罪に対するの長年の目撃者だ」と聴取の必要性を強調。「アンドルー王子はエプスタインのパリの別荘を訪れていたとも言われており、ブルネルが虐待した疑いのある被害者とも関係があった。王子の証言は極めて重要で、強制的に召喚される可能性もある」と語った。

仏当局がアンドルー王子を事情聴取することは法的には可能だが、英王室メンバーのステータスが障害になる可能性があるという。ブルネル被告の被害者の代理人を務めるリサ・ブルーム(Lisa Bloom)氏は、「ようやくエプスタイン被告の協力者の1人を司法の場に引き出すことができた」とした上で、「アンドルー王子。捜査に全面的に協力するという約束を今こそ果たすべき。さもなくば、次はあなたの番だ」と警告した。

あなたにおすすめ

TOP STORIES

What's New