クリントン氏は「若いのが好み」、エプスタインが言ったとされる裁判文書が公開

80

3日、エプスタイン事件に関連する裁判文書の公開が始まった。

資料は、2015年に性的犯罪の被害の告発者の一人、バージニア・ロバーツ・ジュフレ氏とギレーヌ・マクスウェル受刑者との間で争われた民事裁判に関するもので、先月18日、ニューヨークのロレッタ・プレスカ連邦判事が資料にある150人を超える人物の名前の機密解除を命じていた。

マクスウェル受刑者は、1994年から2004年の間に未成年の少女らを勧誘、手なずけ、エプスタイン元被告による性的虐待を助けたとして、2020年に起訴され、翌年に未成年者に対する性的人身売買罪を含む5つの罪で有罪となった。20年の実刑を宣告され、現在フロリダ州の連邦刑務所に服役している。

エプスタイン元被告は、2019年7月に逮捕、起訴されたが、翌月に勾留施設で自殺をはかり死亡した。

プレスカ判事は先月、51ページにおよぶ公開候補者のリストを示し、当事者による異議申し立ての期限を1月1日としていた。

Advertisement

CNNによると、3日に公開された資料は数百ページに上り、これにはジュフレ氏とマクスウェル受刑者の証言録取に加え、エプスタイン元被告の下で働いていたヨハンナ・ショーベルグ氏(Johanna Sjoberg)の証言録取も含まれている。

資料からは、ショーベルグ氏が、エプスタイン元被告に性的マッサージを施す際に「快適なレベルを超えるよう圧力」をかけられたことがあったと証言していたことが判明した。

2016年に作成されたショーベルグ氏の証言録取には、クリントン元大統領に言及する部分もあった。

その中で、「彼(エプスタイン)はある時、少女たちを指してクリントンは若いのが好みだ」と言ったことがあると証言したほか、エプスタイン氏とクリントン氏が友人かと尋ねられると、「彼がビル・クリントンと取引があることは知っていた」と答えた。

トランプ前大統領に関してエプスタイン氏と交わした会話についても触れていた。

会話はエプスタイン氏の飛行機に乗っていた時のことで、パイロットがニュージャージー州のアトランティック・シティに着陸する必要があると告げると、エプスタイン氏がトランプ氏に連絡を取ることを提案した。

ショーベルグ氏は「ジェフリーが、良しわかった、トランプに連絡して行こうと言いました。どこのカジノか名前が思い出せませんが、カジノに行こうと」と記憶を振り返った。ただし、トランプ氏にマッサージをしたことはないとも証言した。

また、英国王室のアンドルー王子から、写真を取る際に冗談めかして胸を触られたとも証言していた。

なお、クリントン氏もトランプ氏も不正行為の告発は受けていない。アンドルー王子については、ジュフレ氏が17歳だった2001年に、エプスタイン氏の指示により性行為を強要されたと主張している。ジュフレ氏は2021年に王子を提訴。アンドルー王子側は否定を続けたが、その翌年に両者の間で和解が成立した。

今回公開された証言録取で、ジュフレ氏は、マクスウェル氏から性的関係を持つよう指示された人物として、ニューメキシコ州のビル・リチャードソン元知事、アンドルー王子、人工知能の第一人者の故マービン・ミンスキー教授、元モデルエージェントでエプスタイン氏のビジネスパートナーだった、ジャン=リュック・ブルネル氏、投資家のグレン・デュビン氏の名前を挙げていたことも判明した。

ブルネル氏は2020年12月にフランスの司法当局によって逮捕されたが、2022年に刑務所で首を吊り死亡した

証言録取の同部分で触れられている3人の名前について機密が解かれなかったほか、一部の被害者の名前も伏せられたままとされているという。

数日前に、一連の資料の中でクリントン氏の名前が50回以上登場すると報じられており、今後、追加のエピソードが明らかになる可能性がある。

クリントン氏側は以前からエプスタイン氏との関係を認めている。2019年に報道官を通じて、2002年から2003年に元大統領が自身の財団の仕事に関連してエプスタイン氏のジェット機を4回利用したことがあると声明で明らかにした。

ただし、両者の関係はエプスタイン氏の性犯罪が明らかになる前のことで、犯罪の舞台となったリトル・セント・ジェームズ島を訪れたことはないとしている。

今回、CNNの取材に「最後にエプスタイン氏と接触してから20年近くが経過している」と、改めて否定を繰り返したという。