子供の殺害はさらなるテロリストを生む、イーロン・マスク イスラエルのガザ攻撃に言及

72

イーロン・マスク氏は、ポッドキャスト番組のインタビューで、ハマスとの戦争に関してイスラエルは直感と反対の行動をとるべきだと語った。

イスラエル当局によると、先月7日のハマスによる急襲以来、1,200人以上が死亡、5,431人が負傷した。一方、ガザの当局は死者は11,000人以上、このうちの4,500人は子供で、負傷者は27,490人に上ると報告している。

10日、レックス・フリードマンの番組に出演したマスク氏は、ハマスの目的は、可能な限りイスラエルから攻撃的な反応を引き出し、ガザとパレスチナのために世界のイスラム教徒を結集させることにあったと指摘。「彼らは成功した」と語った。

イスラエルの報復について「ハマスのメンバーを見つけ出して、殺害や投獄することは適切で、なされるべきだ。そうしなければ彼らは来続ける」としつつ、「反直感的なこと」がなされるべきだと主張。ガザの人々に「最も目に見える形の親切」を提供することを勧めると続け、移動式の病院、食料や水、医療などの必需品の提供といった例を挙げた。さらに、ハマスにごまかしと言われないように、24時間ウェブカメラを設置して透明性を確保することが重要だとした。

マスク氏はまた、ガザへの攻撃はイスラエルに対するさらなる憎悪や抵抗を生み出す危険があるとも指摘。「ハマスのメンバーを一人殺すごとに、何人のメンバーが生まれるか?殺害した数よりも多ければ、成功できない」と述べたほか、「ガザで誰かの子供を殺したら、少なくとも数人のハマスのメンバーを作ったことになる」と語った。

Advertisement

長期的平和が目標であれば、テロリストをより多く生むのか、より少ないのかが問われなければならないと主張した。