ホーム ニュース エンターテイメント ドラマチックすぎる「ベイビ...

ドラマチックすぎる「ベイビー・シャーク」 セリーヌ・ディオンが熱唱

セリーヌ・ディオンが歌うキッズ達の大ヒット曲「ベイビー・シャーク(Baby Shark)」がドラマチックすぎると話題になっている。

セリーヌが歌を披露したのはジェームズ・コーデンの「ザ・レイト・レイト・ショー」の人気コーナー「カープール・カラオケ」に出演した時のこと。

ジェームズから「この世で、あなたがドラマッチックにできない歌なんかないと思う」と振られると、「何か面白いものをドラマチックにできるわ」と答えるセリーヌ。

- Advertisement -

セリーヌはベイビーシャークのことは知らなかったようだ。どんな曲か歌ってみせるジェームズを不思議な面持ちで見つめる。「ドラマチックに歌えると思うかい?」聞かれると、次の瞬間、この世で最もソウルフルなベイビーシャークを披露した。

さらに、シグニチャーのチェストパウンドを求められると、たっぷりとアレンジを効かせたディオン版ベイビー・シャークを歌い上げた。

この回のユーチューブ動画は、現時点で1,400万回以上再生され、ファンからは「番組史上で最高の回だ」など、多くのコメントが寄せられている。

なお、本家「ピンクフォン」(PINKFONG、ピンキッツ)の「ベイビー・シャーク」は今年1月にビルボードHOT100で32位にランクイン。一月時点のユーチューブ再生回数は、21億回を上回り、YouTubeの歴代再生回数ランキングで25位となった。

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES