ホームニュースニューヨークNY市ペン駅の新駅舎「モイ...

NY市ペン駅の新駅舎「モイニハン・トレイン・ホール」2021年元日に開業

ミッドタウンに来年1月1日、新たな駅舎「モイニハン・トレイン・ホール」(Moynihan Train Hall)が開業する。ニューヨーク州のクオモ知事が発表した

新駅舎はペン駅の拡張工事の一貫。クオモ氏は2016年、1913年に建築されたジェームス・A・ファーレー郵便局ビルを新たな交通ハブへと変えるプロジェクトを発表していた。駅舎は当初の予定通り、12月31日に完成する。
建設費用は約16億ドルで、エンパイアステート・デベロップメントやボルネード・リアルティトラスト、アムトラック、MTA、ニューヨーク州およびニュージャージー港湾公社などの官民パートナーシップにより実現した。
駅の名前は、ニューヨーク出身の故ダニエル・パトリック・モイニハン(Daniel Patrick Moynihan)上院議員にちなんで名付けられた。

クオモ氏は声明で「この巨大事業の完成は、われわれの歴史における最も暗い時代から抜け出す希望のショットだ。100年に一度のヘルス・クライシスに苦しみながらも、われわれが大きな夢を抱き、未来に向けたビルを構築するのを、パンデミックは妨げることはできないという明快なメッセージを世界に発信することができる。新たなモイニハン・トレイン・ホールは、”ニューヨークは不屈だ”(New York Tough)を具現化したものだ」と語った。

ペン駅の向かいにあるジェームス・A・ファーレー郵便局ビル (EQRoy / Shutterstock.com)
- Advertisement -

駅舎の床面積は2万3700平方メートルで、既存のペン駅のコンコースを50%拡張した。アムトラックやロングアイランド鉄道の発券場所や待合スペース、17本の線路や小売店が設けられる。天井の高さは約28メートルで、ガラス窓が設置された開放的なデザインとなっている。
ビルの2階から5階はオフィススペースで、フェイスブックが8月に賃貸契約を締結したと発表している。

GOVERNOR CUOMO’S OFFICE

あなたにおすすめ

TOP STORIES