クオモ前NY州知事 セクハラで訴えられる

65

ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ前知事の補佐官だった女性が、セクハラを受けたとして同氏を訴えた。

クオモ氏はセクハラ疑惑が相次いだ後、2021年8月に3期目半ばにして辞任したが、今回の原告女性であるブリタニー・コミッソー氏は、この時セクハラを告発した女性のうちの1人だった。

レティシア・ジェームズ州司法長官は当時、5カ月間にわたる調査の末、11人の女性に対し「連邦法および州法違反となるセクハラ」行為があったと結論付けた。ただしクオモ氏は最後まで疑惑を否定し続けた。

司法長官の報告書によると、コミッソー氏は2019年11月から知事官邸で働くようになった。クオモ氏の不適切行為は、容姿に対する冗談から、結婚生活や交友関係に至るプライベートな質問、ハグ、頬や唇へのキス、腰やお尻、胸に触れるなど身体的接触にまで及び、知事官邸に呼び出してドアを閉めた上で、ブラウスの中に手を入れてブラジャーの上から胸に触ったこともあったとされている。

コミッソー氏に対する疑惑は最も深刻なものとされ、州都オールバニーの保安官事務所が刑事訴追に動いたが、最終的に「裁判で立証責任を果たすことはできない」として、オールバニー郡地方検察によって起訴が取り下げられた。コミッソー氏は当時、「真実を発信し続け、民事訴訟で裁きを求めるという決意」は変わらないと宣言していた。

Advertisement

コミッソー氏が提訴したのは、「成人サバイバー法」によって定められた申立て期限が終了する1日前だった。同法の下、出訴期間を超えた特定のセクハラ被害について、昨年11月24日から1年間の間、被害者が訴訟を起こすことが認められている。

gothamistによると、コミッソー氏はセクハラ行為に加えて、性別差別や報復を受けたと告発している。ニューヨーク州と当時知事室の特別法務顧問だったジュディス・モーグル氏も被告に名を連ねている。

裁判所に提出した文書では、クオモ氏の行政補佐官から降格され、副知事室で電話に出るという「屈辱的な任務」を割り当てられたとしているほか、仲間外れにされてキャリアの機会を与えられなかったとも述べているという。

成人サバイバー法の期限切れを前に、著名人が提訴されるケースが相次いでいる。今週は、ハードロックバンド「ガンズ・アンド・ローゼズ」のフロントマン、アクセル・ローズやニューヨークのエリック・アダムス市長も、数十年前に性的暴行を受けたとする女性から訴えられた。

クオモ氏は先日、2025年のニューヨーク市長選で政界復帰を狙っている可能性が報じられたばかり。クオモ氏の弁護士はgothamistに対する声明で、コミッソー氏の訴えは「明白な現金獲得の試み」であり「失敗するだろう」と述べ、「法廷で会えることを楽しみにしている」と自信を示している。