Advertisement
修正第2条

マサチューセッツ州 殺傷能力の高い銃の禁止は、修正第2条の権利に違反しない

6日、マサチューセッツ州の地方裁判所判事は、殺傷能力の高い武器や大型の弾倉の所持を禁じる同州の法律は、憲法修正第2条(Second Amendment)の権利を侵害するものではないとし、銃のオーナーや販売店からの訴えを却下した。
ビザ

2019年度H-1Bビザ申請 受付開始5日で上限数に到達

6日、米国移民帰化局(USCIS)は、2019年度のH-1Bビザ申請数が、上限の85,000件に到達したことを発表した。H-1Bビザは、学士号以上を持つ申請者に65,000件、修士号以上には20,000件の枠が与えられている。
受付は4月2日から開始され、5日で上限に到達するのは、6年連続となる。受付開始から5営業日内に申請数が上限に達した場合は、抽選によって申請者が選ばれる。

コナーマクレガー 器物損壊と暴行容疑で逮捕

6日、ニューヨーク市警察(NYPD)は、総合格闘技団体UFCのメディアイベントで、選手らを乗せたバスにものを投げるなどの乱暴をしたコナー・マクレガーを器物損壊と3つの暴行容疑で逮捕したことを発表した。
マリファナ

医療用マリファナ販売店 NYミッドタウンにオープン

ロサンゼルスが本社のマリファナの製造や販売を行う企業メッドメン(MedMen)が、マンハッタンの5番街に同社初となる医療用マリファナ販売店(ディスペンサリー)を4月20日にオープンすると発表した。場所は、ミドッタウンのブライアントパーク付近(433 Fifth Ave)で、売り場面積は、約2,000平方フィート。
現在ニューヨーク州の法律では、嗜好用の使用は禁じられており、医療用のみが認められている。オープン時点での対象となるのは、州の住民かつニューヨークの医師から出された処方箋を持つ患者のみとなる。

コナーマクレガーがバスを襲撃 UFC会長が逮捕の可能性を示唆

5日、総合格闘技団体UFCのメディアイベント後に、コナー・マクレガー選手を含む複数人が、選手達を乗せたバスに椅子などのものを投げつける乱暴騒ぎが起きた。これにより、バスの窓ガラスが割られた他、車内にいた選手1名が怪我を負い、病院で治療を受けている。
国税調査

国勢調査での市民権の質問は違憲 NY含む17州が政府を提訴

ニューヨークやワシントンD.C.を含む17州と6市及び1,400都市で形成される米国市長会は、2020年の米国国勢調査(センサス、U.S. census)で、市民権の有無を質問することは違憲だとして、トランプ政権を相手取り、ニューヨーク州連邦地方裁判所に訴えを起こした。
キング牧師

暗殺から50年 キング牧師最期のスピーチをワシントンスクエアパークで放送

4日、公民権運動のリーダーとして活躍したマーチン・ルーサー・キング牧師(Martin Luther King Jr.)が、テネシー州メンフィスで暗殺されてから、50年目を迎えた。
ニューヨークのワシントンスクエアパークでは、前夜にプロジェクションでキング牧師を写し出し、メイソン・テンプル(Mason Temple)で行わった最期の演説「I Have Been to the Mountaintop」(山頂に達した)を放送した。
ブルックリン 黒人男性 射殺

ブルックリンのクラウンハイツで警察が黒人男性を射殺

4日午後、ブルックリンで、シャヒード・ヴァッセル(Saheed Vassell)さん(34)が警察に射殺された。現場は、クラウンハイツのモンゴメリー(Montgomery)ストリートと、ウティカ(Utica)アベニュー付近。
ニューヨーク市警察(NYPD)のテレンス・モナハン(Terence A. Monahan)署長の会見によると、NYPDは、午後4時40分、茶色のジャケットを着た黒人男性が、道路上で銀色の銃器らしきものを持ち、人に向けているとの通報を受けた。警察官が到着すると、男性は射撃の構えを見せ、手に持ったものを警察に向けたという。その後、男性が手にしていたものは、パイプであることが判明したが、駆けつけた警察らには、銃に見えたと説明。

Facebook CEOマークザッカーバーグ 4月11日に初の議会証言へ

フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者が、4月11日の朝に下院エネルギー・商業委員会で証言を行うこととなった。
4日朝、委員会のグレッグ・ウォルデン(Greg Walden)委員長とフランク・パロン議員(Frank Pallone, Jr.)が発表したもので、ザッカーバーグ氏はFacebook社のユーザーデータの使用と保護について証言を求められる。
YouTube本社 銃撃

米YouTube本社発砲事件の容疑者の足取りが明らかに

3日午後1時頃、カリフォルニア州サンブルーノ(サンブルーノ)で発生した米YouTube本社発砲事件の容疑者は、ナシーム・ナジャフィ・アグダム(Nasim Najafi Aghdam)39歳とみられることが判明した。アグダム容疑者は、同社敷地内の中庭に入り、スミス&ウェッソン(Smith & Wesson)社製の9mm銃で3人を銃撃した後、自殺を図り死亡した。
アグダム容疑者は、YouTubeが行ったポリシー変更に反発し、犯行に至ったとみられている。テロ組織との関連性は見当たらないという。また、事件発生の前に、アグダム容疑者の家族が、「何かする恐れがある」として、警察に通報を寄せていることが分かっている。

TOP STORIES

What's New