Advertisement
ホームニュースクライム殺人未遂で起訴 電車めがけ...

殺人未遂で起訴 電車めがけて女性を突き飛ばした女

ニューヨーク市警察は5日、マンハッタンのタイムズスクエア駅で、電車を待っていた女性を突き飛ばしたとして、クイーンズ在住のアンソニア・エジェグバラ(Anthonia Egegbara)被告(29)を逮捕。殺人未遂の罪で起訴した。

エジェグバラ被告は4日午前8時過ぎ、「タイムズスクエア-42ストリート駅」の1,2,3番線のプラットフォームで、42歳の女性を突き飛ばした。

NYPDが公開した監視カメラの映像には、電車が駅に到着する際、被告がベンチから立ち上がり、女性を背後から突き飛ばす様子が撮影されている。

被害者の女性は電車にぶつかり、反動でプラットフォームに倒れた。CBSニュースによると、ニュージャージー在住の女性は、鼻と顎を骨折する大けがをおった。

エジェグバラ被告は、事件現場と同じタイムズスクエア駅で拘束された。ニューヨークポスト紙によると、過去に7回の逮捕歴があることが分かった。

7月には、ブロンクスで40歳の女性の顔面を引っ掻き逮捕されたほか、4月に電車内で利用客の携帯をひったくったとして、重窃盗の罪で起訴されていた。
昨年6月にはハンマーでドアを破壊しようとしたとして、器物損壊の容疑で逮捕されている。2019年には、ブルックリンで57歳の女性の顔面を何度も殴った上、中指に噛み付いたとして暴行罪で起訴された。

ニューヨーク市の公共交通機関におけり犯罪件数は、過去28日間で43%増加している。地下鉄を運行するMTAの報道官は声明で、市に対し、危害を加える可能性のある人にメンタルヘルスサービスを提供するよう求めた。

通勤客の擁護団体は、警備を強化するため、州警察の動員を求めているが、デブラシオ市長は「ここでの環境は、州警察や州兵が訓練されているものとは非常に異なる」とニューヨーク市警以外の動員に難色を示している。

TOP STORIES

What's New