トランプ大統領 バイデン氏の勝利を予想?「彼が大統領になるだろう」

25日、FOXニュース主催のタウンホール・ミーティングに出演したトランプ大統領は、11月の大統領選について、勝利を諦めているかのような発言を行った。

トランプ氏は、ライバル候補のジョー・バイデン前副大統領について「彼が話すときはいつも、2つの文章をつなげることができないんだ。私は良い人、または良くない人のどちらにもなりたくないが。いいかい、要するに彼は話すことができないんだ」と批判しつつ、「彼が大統領になるだろう。たぶん一部の人々は、私を好きじゃないからね。」と語った。

司会のショーン・ハニティ氏から、2期目の取り組みについて聞かれると、「経験という言葉はとても重要だ。とても重要な意味がある」と経験を強調するのみで、直接的な回答を避けた。

放送後、共和党内からトランプ氏のパフォーマンスを問題視する声があがった。

元上院司法委員会委員長で、トランプ氏が指名した2人の判事を最高裁に送り込むことに貢献した共和党の重鎮、チャック・グラスリー議員は「フォックスニュースはトランプを再選させたいのか?」とツイート。次期の取り組みを挙げられなかったことについて「トランプは見当違いの回答をして、ハニティは話がそれるのを助けた。腐敗一掃と正義のためのさらなる4年間を獲得するために最も重要な質問が、それで終わってしまった。」と批判した。

さらにグラスリー議員は「ホワイトハウス関係者で、「トランプ国民投票」と題するウォール・ストリート・ジャーナルの社説を読でいる人はいるか?」と呼びかけ、「アドバイスに従わないと、もっと良い最高裁判事と、過去50年で最高だった経済を手にすることができなくなる」と危機感を示した。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙は25日の社説で、トランプ氏の支持率が、再選を果たせなかったカーター元米大統領とブッシュ(父)元米大統領の「テリトリー」まで低下していると指摘。現状ではトランプ氏が「歴史的な拒否」を受ける事態に向かっていると述べ、共和党上院も道連れにされるだろうと掲載した。