住民は戦々恐々、メーガン妃が引っ越し検討の「ホープランチ」とは

56

現在、転居先を探しているとも伝えられているヘンリー王子とメーガン妃。候補地となっている地域では、平穏な生活が脅かされる可能性があるとして、住民がパニック状態になっているという。

英紙エクスプレスは22日、夫妻がレディー・ガガや、レオナルド・ディカプリオらが住む高級住宅地マリブへの引っ越しを検討していると伝えた。

メーガン妃は今年、大手タレントエージェンシーのウィリアム・モリス・エンデバーと契約。ハリウッドに本格復帰するともささやかれており、転居もその一環とみられている。

一方で、地元メディアのサンタバーバラ・ニュースプレスは昨年、夫妻が、カリフォルニア州のサンタバーバラ付近にある「ホープランチ」(Hope Ranch)に引っ越す可能性があると伝えている。

ホープランチは、夫妻が住まいを構えるモンテシートから車で約15分ほど離れた高級住宅地。資産家らが、古くから居を構えている。住宅価格は、2,250 万ドル(31.5億円以上)。公道は3本で、喧騒を離れた小さなコミュニティだという。

Advertisement

ニューヨークポスト紙によると、ホープランチにはプライベートビーチがあり、メーガン妃の目撃情報も寄せられている。

夫妻は2021年に、1,465万ドルでモンテシートの邸宅を購入している。現地では、夫妻が雇った警備員が道路を封鎖し、ハイキング・コースをブロックしたことがあったとされ、地元のショップ店員からは、非難の声が上がっている。(ポスト紙によると、メーガン妃の関係者は、民間の警備会社に、公共の道路を封鎖する権限はないとして、この話を否定している)

夫妻が居住するとなると、パパラッチが詰めかけることも予想される。ホープランチの不動産業者らは、住民からは「われわれは、変化や大騒ぎを望んでいない」「みなハッピーではありません。モンテシートに留まって欲しいと思っている」などの不満が相次いでいると語っている。

モンテシートには、オプラ・ウィンフリーやグウィネス・パルトローなどのセレブが住んでいるが、ホープランチは昔から住んでいる人々が多く、「モンテシートの延長」のように扱って欲しくないと感じているという。

地元の高級不動産物件を扱う専門家はポスト紙に、ホープランチの物件が市場に出回ることは、ほとんどないと説明。「資産家が多く、(不動産は)世代から世代へと受け継がれていく」と事情を話した。