Advertisement
ホームニュースペニスにUSBケーブルを挿...

ペニスにUSBケーブルを挿入した少年 抜けなくなって手術で摘出

イギリスの15歳の少年が、USBケーブルを「性的好奇心」で尿道に挿入。抜けなくなり、手術によって摘出した。

手術を施したユニバーシティカレッジホスピタルの医師らの報告によると、少年は、自力で何度も抜こうとしたがうまくいかず、地元の病院に駆け込んだ。ここでは、尿道切開術が施されたが、ケーブルの結び目が原因で、抜き取ることができなかったという。

その後、緊急で同病院に搬送された。この時、ケーブルの2つの端が尿道口から飛び出していた。結び目は尿道内に留まったままだった。

少年は、母親のいないところで検査を受けることを希望。この時、性的好奇心からペニスの長さを測るためにケーブルを挿入したと告白したという。

手術では、球海綿体筋を開き、結び目を取り出して切断。ケーブルの残りは尿道から抜き取られた。

Science Direct

公開された画像からは、摘出されたUSBケーブルの大きな結び目が確認できる。

少年の回復は順調で、翌日には退院を許可されたという。

なお少年に精神障害の病歴はなく、健康だった。

異物を挿入する行為の主な原因は、性的好奇心や酩酊後の性行為、精神障害だという。これまでに、針やピン、鉄線、ピスタチオの殻など、多種多様な物体を挿入したケースが記録されているという。

TOP STORIES

What's New