ホーム ニュース エンターテイメント オスカー前哨戦SAGアワー...

オスカー前哨戦SAGアワード『ブラックパンサー』最優秀作品

映画俳優組合による第25回SAGアワード(全米映画俳優組合賞)が27日、開催された。

映画部門は、ブロックバスター映画『ブラックパンサー』(Black Panther)が、最優秀作品のキャスト賞ほか、スタント・アンサンブル賞を受賞した。
テレビ部門では、アマゾンの『マーベラス・ミセス・メイゼル』(The Marvellous Mrs Maisel)がコメディ部門を独占した。

SAGアワードは、俳優が多数を占める映画科学芸術アカデミーの会員と重なることから、オスカー受賞へと直結するとみられており、『ブラックパンサー』が作品賞候補として急浮上した。

SAGアワードハイライト
- Advertisement -

『ボヘミアン・ラプソディ』のラミ・マレック(Rami Malek)が主演男優賞、混戦の主演女優賞は『天才作家の妻 40年目の真実』(Wife)のグレン・クローズ(Glenn Close)、助演男優賞は『グリーンブック』のマハーシャラ・アリ(Mahershala Ali)が受賞。
助演女優賞は『クワイエット・プレイス』(A Quiet Place)のエミリー・ブラント(Emily Blunt) がサプライズ受賞した。エミリー・ブラントはアカデミー賞候補から外れている。


レイチェル・ワイズや、エマ・ストーンを退け、助演女優賞を受賞したエミリー・ブラント。受賞スピーチで、メガホンを取った夫のジョン・クラシンスキー(John Krasinski)に対し「この賞をあなたと分かち合います。」と述べ、「あなたは素晴らしい監督。一緒にこの映画を作ることができて、本当に幸福です。」と感謝を述べた。

ブラッドリー・クーパーが初監督と主演を務めた『アリー/ スター誕生』(A Star Is Born)は、主演男優賞ほか、主演女優賞のレディー・ガガ、助演男優賞のサム・エリオット(Sam Elliott)も受賞を逃した。

ゴールデングローブ賞は、『ボヘミアン・ラプソディ』『グリーンブック』が作品賞を受賞。全米製作者組合賞 劇場映画賞(PGA)は『グリーンブック』が受賞しており、SAGアワードで『ブラックパンサー』が受賞したことで、アカデミー賞は混戦が予想される。

SAGアワード受賞者一覧

映画部門
キャスト賞:『ブラックパンサー』(Black Panther)
主演男優賞:ラミ・マレック(Rami Malek)『ボヘミアン・ラプソディ』(Bohemian Rhapsody)
主演女優賞:グレン・クローズ(Glenn Close) 『天才作家の妻 40年目の真実』(Wife)
助演男優賞:マハーシャラ・アリ(Mahershala Ali)『グリーンブック』(Green Book)
助演女優賞:エミリー・ブラント(Emily Blunt) 『クワイエット・プレイス』(A Quiet Place)
スタント・アンサンブル賞:『ブラックパンサー』(Black Panther)

テレビ部門
主演男優賞(ドラマ部門):ジェイソン・ベイトマン(Jason Bateman)『御オザーク』(Ozark)
主演女優賞(ドラマ部門):サンドラ・オー(Sandra Oh)『キリング・イヴ/Killing Eve』
主演男優賞(リミティッドシリーズ):ダレン・クリス(Darren Criss)
『アメリカン・クライム・ストーリー/ヴェルサーチ暗殺』(Assassination of Gianni Versace: American Crime Story)
主演女優賞(リミティッドシリーズ):パトリシア・アークエット(Patricia Arquette)「エスケープ・アット・ ダネモラ」(Escape at Dannemora)
主演男優賞(コメディ部門):トニー・シャルーブ(Tony Shalhoub)『マーベラス・ミセス・メイゼル』(The Marvelous Mrs. Maisel)
主演女優賞(コメディ部門):レイチェル・ ブロズナハン(Rachel Brosnahan)『マーベラス・ミセス・メイゼル』(The Marvelous Mrs. Maisel)
アンサンブル賞 (ドラマ部門):『ディス・イズ・アス』(This Is Us)
アンサンブル賞 (コメディ部門):『マーベラス・ミセス・メイゼル』
スタント・アンサンブル賞 (テレビ部門):『グロウ』(GLOW)

生涯功労賞:アラン・アルダ(Alan Alda)


TOP STORIES

Recommended stories