ホーム ニュース ニューヨーク ニューヨークのおすすめお花...

ニューヨークのおすすめお花見スポット8選

ニューヨークでは、日本でも定番のソメイヨシノやカンザン(八重桜)などをセントラルパークや、マディソンスクエアパーク、ワシントンスクエアパークなどの公園で鑑賞することができる。4月下旬には、ブルックリンのボタニカル・ガーデンやルーズベルトアイランドで、日本の文化を楽しむ桜祭りが開催される。雪に見舞われることの多い3月だったが、ブルックリンボタニカルガーデンでは、一部で桜が咲き始めたと報告されている。ニューヨークの主なお花見スポットを一挙ご紹介。

Central Park

セントラルパークでは、ソメイヨシノやカンザン(八重桜)を鑑賞することができる。シープメドウ(Sheep Meadow)北側や、貯水池(Turtle Pond)、グレート・ローン(The Great Lawn)などがおすすめ。

セントラルパークの花見スポット


©mashupNY

Roosevelt Island

- Advertisement -

トラムで空中散歩をしながら、マンハッタンから3分で到着する「ルーズベルト・アイランド」。マンハッタンのスカイラインを対岸に眺めながら花見が楽しめるスポット。ソメイヨシノやカンザンを見ることができる。4月21日には、桜祭り(Roosevelt Island Cherry Blossom Festival)が開催される。

cherry-blossoms
©mashupNY

地図
cherry-blossoms
©mashupNY

2017年の様子

Madison Square Park

フラット・アイアン地区にある公園、「マディソン・スクエアパーク」では、遅咲きの八重桜が多く見られる。公園内にあるグルメバーガー店シェイクシャック(Shake Shack)や、近くのイータリー(Eately)でランチを購入して、花見を楽しもう。地図

Madison square garden
©mashupNY

Washington Square Park

ニューヨーク大学(NYU)近くにある公園「ワシントン・スクエアパーク」。チューリップなどの美しい花も鑑賞できる。地図

Flushing Meadows Corona Park

全米オープンテニスや、NYメッツの本拠地シティ・フィールドがあるクイーンズの公園、フラッシング・メドウズ・コロナ・パーク。グランドセントラル駅から7番線でMets–Willets Point駅まで約40-50分。 地図

Prospect Park

開園から150年以上を迎えるブルックリン最大の公園プロスペクトパーク。毎週日曜にフードマーケットのスモーガスバーグ(Smorgasburg)が開催されている。地図

Prospect park
©mashupNY

Brooklyn Botanic Garden


日本の伝統文化が体験できる桜祭り(Sakura Matsuri)が毎年開催される「ブルックリン・ボタニカルガーデン」桜の種類も豊富で、ソメイヨシノから、タオヤメ、白妙(シロタエ)、おかめ桜、有明桜など時期に応じて楽しめる。
桜の開花状況はウェブサイトにて確認可能。
開園時間:午前8時ー午後6時 4-5月の間は、火曜日のみ午後8時30分まで営業。
料金:大人$15、子供・学生$12(12歳以下は無料)
場所:990 Washington Ave, Brooklyn, NY 11225 
https://www.bbg.org/

New York Botanical Garden

蘭が観賞できるオーチャードショーでも有名なブロンクスの植物園「ニューヨーク・ボタニカルガーデン」


料金:大人$20(週末は+$5)、学生 (要ID)$18(週末は+$4)、子供 (2–12) $8(週末は+$2)
Children (2–12): $8
場所:2900 Southern Blvd, Bronx, NY 10458
https://www.nybg.org/

※記事内の文章、画像等の無断転用を一切禁じます。Copyright (C) 2021 mashupNY

TOP STORIES