ホワイトハウスのクリスマスデコレーションが真っ赤すぎる

メラニア・トランプ(Melania Trump)大統領夫人は26日、今年のホワイトハウス・クリスマスデコレーションを公開した。今年のテーマは、「アメリカの宝物」(American Treasures)
飾り付けに関して「アメリカ人の精神や思いやりの心を称えるものです。クリスマスを祝うため、ホールの飾り付けに参加してくださったボランティアの皆さんに感謝します。」と声明で年末年始の挨拶を述べた。
12月まで100以上のオープンハウスパーティやレセプションが開催される。パブリックツアーの一環として、3万人以上がホワイトハウスを訪れるという。


公式のホワイトハウスクリスマスツリーはグリーンカラーだが、ホールをつなぐ廊下のツリーは真紅で統一。暖炉の前には、米国の街を象徴するスカイラインのマントルピースや、自身が推進するいじめ撲滅キャンペーン「Be Best」のオーナメントも飾り付けされている。

ソーシャルメディアでは動画を見て驚きの声を上げる人が相次いだ。

メラニアのツリーが血に染まっている!

ドラマ『ハンドメイズ・テイル/侍女の物語』の赤い衣装に見えたという声も。

「トランプ夫人、クリスマスのホラーなトンネルは二度とやめましょう。どう思います?」「血の赤いツリー」

「あなたには、子供のことを気にしないという認識があります。なので我々は…」「飾り付けもプレゼントもなしの血のような悪夢のクリスマスツリーをください」

昨年のホワイトハウスクリスマス「Time-Honored Traditions」はこちら