がん公表のキャサリン妃、1人でビデオ収録したワケ

135

ビデオメッセージでがんの治療中であることを公表したキャサリン皇太子妃だが、ウィリアム皇太子が隣にいなかったのは理由があるという。

キャサリン妃は22日にSNSに投稿した動画で、1月に腹部の手術を受けた後、検査でがんが発見されたと説明。医療チームから「予防的な化学療法」に関する助言を受けたと述べ、「現在、治療の初期段階にある」と明かした

王室関係者はPeopleに対し「彼女は自身に関するメッセージは、個人的に発信したいと思っていた」と語っている。ウィリアム王子も妻の考えを尊重したという。

さらに、ウィリアム王子は、「手術を受けた後の妻の勇気と強さを非常に誇らしく思っている」とも語っている。夫妻は現在「全快するために必要とされるプライバシーを保つことと、公表されたニュースへの必然的ともいえる興味関心から子供たちを確実に守ることに注力している」という。

キャサリン妃はビデオメッセージで、術後しばらく姿を見せなかった理由について、回復に加え、3人の子供たちに「適切な方法ですべてを説明し、安心させるのに時間を要した」と説明している。

Advertisement

一家はセントジョージ礼拝堂で行われる恒例のイースター礼拝への参列を見送り、自宅で過ごすと伝えられている。