ライブ配信で酒の一気飲み 「PKチャレンジ」で男性死亡

113

SNSでライブ配信中、アルコール度数の高い酒を一気飲みした中国人のインフルエンサーが死亡する事故があった。

BBCなどによると、ユーザー名Sanqiangeさん(34)は16日、中国版TikTokのDouyinで「PK」と呼ばれるチャレンジに参加していた。視聴者からのギフトや報奨金を求め、一対一で対戦するチャレンジで、敗者には罰ゲームが科せられる。

Sanqiangeさんは4回戦で敗退し、アルコール度数が30%から60%の非常に強い「白酒」(バイジュウ、Baijiu)を一気飲みした。視聴者は地元メディアに、少なくとも7本のボトルを開けたと語っている。

SNSで拡散された動画では、Sanqiangeさんが度数の強さを証明するため、テーブルにこぼしたお酒にバナーで火をつけた後、ボトルを逆さまにして、飲み干す様子が撮影されている。

深夜1時に配信を終えたが、その12時間後に家族が発見した際に、すでに死亡していたという。

Advertisement

Douyinでは、ライブ配信中の飲酒を禁じている。Sanqiangeさんは、過去にも規定に違反したことから、すでにアプリの使用を禁じられていたという。なお、この動画はすでに削除されている。

危険なチャレンジによる死亡事故は、米国でも相次いで発生している。最近では「ブラックアウト(失神)チャレンジ」や、抗ヒスタミン剤を使用した「ベナドリルチャレンジ」などで、複数の若者が死亡した。遺族がアプリ側の対応が不十分だったとしてSNS企業を訴えたり、医薬品の購入に年齢制限を設けるよう地元議員に、はたらきかけたりするなどしている。