「撃たれて死ぬぞ」米警察が警告、TikTokで拡散”ドアノック・チャレンジ”とは

72

TikTokでは、これまでに数々の危険行為が拡散されてきたが、今回のトレンドは最悪のトラブルに発展する可能性がある。

テキサス州のフレンズウッド警察警察は17日、若者らに「ドアノック・チャレンジ」を即座に中止するよう警告を発した。

Facebookに投稿した監視カメラの映像には、若者が激しくドアを叩いた後、走り去る姿が撮影されている。

捜査当局の説明によると、こうした犯行は「ドアノック・チャレンジ」または「ドアキック・チャレンジ」と呼ばれ、真夜中に見知らぬ人の家のドアを叩いたり、蹴ったりして住民を驚かせる悪戯だという。

ここ数週間、住民から苦情が寄せられている。いずれも10代の少年の犯行と見て、捜査を進めている。

Advertisement

ドアが破損し、修理に約2,500ドル(37万円)かかった家もあるという。捜査当局者は建物に損傷が出た場合は、刑事事件に発展する可能性があるとも警告している。

悪戯を防止しようと、釣り糸で罠をしかけた住民もいる。ドアをノックした少年が逃げる際、釣り糸に足をとられて転んだところを取り押さえた。

フォートベンド郡の上級警察官ジミー・エヴァンス氏は地元メディアに「非常に危険なゲーム」だと指摘。家主が、泥棒の侵入と思った場合、「無実の子供が撃たれたり、殺されたりすることを恐れている」と語っている

ネットユーザーらも、自分が害を被るのがオチだと指摘している。

「ここはテキサスだぞ。ここでバカげたことすると怪我を負うだけだ」「誰がこんなの広めてるの?絶対に誤っている」「テキサスでは私有地を武器で守る権利がある。泥棒だと思われたら銃撃されるだろう」「馬鹿げた遊びが死刑に値するとは思わないが、撃った方を責めることもできないだろう」といったコメントが投稿されている。