Advertisement
ホームニュースクライムエプスタイン「スパイ」だっ...

エプスタイン「スパイ」だった?

2019年に未成年の少女らを性的人身取引したとして起訴された後、拘置所で自殺をはかって死亡したジェフリー・エプスタイン。死後、ビル・クリントン元大統領、トランプ前大統領、ビル・ゲイツ氏、ヨーク公アンドリュー王子など大物との繋がりに加え、いかにして莫大な財産を築くに至ったのか、不可解な点に関心が集まった。

元高校教師からマネーマネージャーに転身したエプスタインは、パリ、ニューヨーク、フロリダに邸宅を構え、ヴァージン諸島に2つの島を所有。プライベートジェットで世界中を行き来していた。ヴァージン諸島の司法当局は、11歳の少女を含む数百人が島で性的虐待を受けるなど、国際的な性的人身売買が島で実行されていたと主張している。

税務上の目的から、エプスタインはヴァージン諸島に自身の資産管理会社を置いていた。フォーブスによると企業の公的な記録はなく、顧客リストも公開されていない。最も親しい人々にも財源はほとんど知られておらず、「摩訶不思議」だと噂されていた。

武器取引、スパイ活動で巨額の富?

英国生まれのジャーナリスト、ヴィッキー・ワードはローリングストーンの記事で、スティーブン・ホッフェンバーグが2002年のインタビューで、エプスタインは「諜報分野」に足を踏み入れていたと語った話を紹介した。

1970年代に債権回収会社「タワーズ・フィナンシャル」を設立したホッフェンバーグは、90年代に史上最大規模のポンジ・スキームを働いたとして起訴、1995年に有罪を認めた。刑務所に18年間服役し、2013年に釈放された。

ホッフェンバーグは、エプスタインをタワーズ・フィナンシャルのコンサルタントとして80年代後半に雇っていた。

ホッフェンバーグによると、エプスタインは1980年代に投資銀行のベア・スターンを退社した後に、海外に資金を移動する訓練を受けた。この時のメンターが英国の軍事産業関係者のダグラス・リースという人物だったという。

リースの親族は否定しているものの、ホッフェンバーグは、リースを武器商人だと主張。リースがエプスタインをヨーロッパの貴族社会と武器ビジネスのあらゆる関係者に紹介した人物だと話した。この中には、サウジアラビアの武器商人のアドナン・カショギや現在勾留中のギレーヌ・マクスウェル被告の父、ロバート・マクスウェルも含まれるという。

ホッフェンバーグはまた、エプスタインは自ら、ロバート・マクスウェルと、本人の債務の問題を含む複数のプロジェクトで働いており、さらにロバートとリースを通じて「恐喝や斡旋、情報取引」など「非常に深刻で危険なレベル」の「国家安全保障に関わる問題」に関与していると明かしたと話した。

1991年に自身のヨットから転落し、不可解な死を遂げたロバートは、イスラエルの情報機関モサドのエージェントだった疑惑があった。ワードは、ホッフェンバーグの話に加え、ロバートがエプスタインをイスラエルの指導者に紹介し、エプスタインがイスラエルのスパイとして活動していた可能性があると指摘している。

ワードによると、エプスタインは過去10年ほど、ジャーナリストらにプーチン露大統領、サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子、アフリカの独裁者を始め、イスラエル、イギリス、アメリカの指導者に助言をしていると自慢していた。また「武器とドラッグ、ダイアモンド」で財をなしたと話したこともあったという。

TOP STORIES

What's New